コラム

 公開日: 2013-11-13 

全国法曹サッカー大会その6

 隣のコートは水がだいぶ浮き、京都1本来のパスサッカーが使えない。
 そのため、ロングキックを多用するが、東京2のベテラン勢は老獪にこれを簡単にヘッドでクリアする。
 東京1の元U-15日本代表がドリブルで仕掛けてくるが、こちらのバック陣は金選手(伏見総合法律事務所事務員)、福井選手(裁判所)、宮﨑選手(60期)、松原選手(59期)の俊足揃いである。そう簡単には抜かれない。
 なんどもドリブルで仕掛けてくるが、これを阻止した。
 私が見ていなかった時間帯には、東京2のスーパーボレーシュートを京都1のキーパー池上選手(62期くらい)がスーパーファイン神セーブをしたということで、なんとか流れをこちらに来させたい。
 しかし、相手のコーナーキックをはじいた球が、そのまま不運にもゴールイン。キーパー池上選手の身体に相手の身体が当たっていたように見え、キーパーチャージではないかと抗議するも聞き入れられず。あれは、絶対キーパーチャージだった。
 サー・アレックス・ファーガソンなら、試合後怒りのあまりマスコミにコメントすらしてくれないところである。

 その後も、京都1の攻撃・守備全てを行う武田選手(59期)、京都のエース、10番小沼選手(59期)、足を痛めながらも懸命に走る髙山選手(63期)、京都の秘密兵器若竹修習生(66期)、富山からわざわざ練習に来てくれる井加田選手(59期)、名古屋からわざわざ練習に来てくれる加藤選手(64期)、運動量豊富な船坂選手(63期)、雨さえなければ相手を切り裂くドリブル攻撃があり得たはずの後藤選手(63期)、そして、中盤の要、キックの精度は全国でも髄一で、監督兼主将の牧野選手(59期)らが必死に守り、攻める。
 しかし、雨の中、無情のタイムアップ。

 1-0で惜しくも準優勝となった。
 敗因は、雨で本来のサッカーが出来なかったこと、審判の笛に泣かされたこと、グラウンドがサブの方が水はけがよかったのに悪い方のグラウンドで会ったこと等々、実力的には勝っていたはずである。
 しかし、これもまたサッカーなのである。

 また、来年。
 来年こそは、8年振りの優勝を勝ち取ってくれるであろう。

 
 関係者のみなさん、熱戦を繰り広げた各チームのみなさん、大変お疲れ様でした。

 京都2も来年はいくつか順位をあげるため、各自トレーニングに励むことを決意したはずである。惜しくも初日で帰らざるを得なかった里選手も、怪我を治して復活してくれるであろう(愛知県弁護士会、64期)。

 おわり。

この記事を書いたプロ

中隆志法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中隆志

京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL:075-253-6960

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
解決の事例

1、自賠責では後遺症が非該当とされ、損害保険会社から債務不存在(要するに保険会社側から賠償金の支払義務がないことの確認をする為の裁判)訴訟を提起されたが、判決...

弁護士費用について

 マイベストプロを見られた方は、初回相談料を無料にさせていただいております。 ご予約の際にお問い合わせください。 また、当事務所の3名は、全て法テラス(...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中隆志 なかたかし

多重債務や犯罪被害、交通事故被害に苦しむ人々を法律によって救いたい(1/3)

 「法律を知らないがために不利益を被っている人々を守りたい」。インタビューの冒頭、弁護士の中隆志さんは淡々とした口調ながらも熱い思いを語ってくれました。京都市営地下鉄「京都市役所前」駅から歩いて約5分のところに中隆志法律事務所を構える中さん...

中隆志プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

交通事故、離婚、遺言・相続で適切な対応は中隆志法律事務所へ。

会社名 : 中隆志法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区二条通河原町西入榎木町95-1 延寿堂第2ビル5階 [地図]
TEL : 075-253-6960

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-6960

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

暗闇に光を見いだした気持ちでした。中事務所に依頼して本当によかったです。

 高次脳機能障害を負い、これからどうしていこうか途方にく...

M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
読書日記12月6日

「代官山コールドケース」文芸春秋。佐々木讓。 17年前に被疑者死亡で解決したはずの殺人事件がえん罪で真犯...

師走

 師走に入ったが、経営者にとっては冬期賞与を支払わなければならず(思えば賞与は修習生の時の2年間と、その後...

インフルエンザの予防接種

 今年も受けたのである。 40歳を超えてから、受けないその冬は必ずかかるというジンクスがあるためである。...

新しいオモチャと寝るワン
イメージ

 新しいオモチャと寝ている小次郎(二代目)である。 初代小次郎は、オモチャを買ってあげても、気に入らない...

水あれこれ

 売っている水だが、当然のことながらみなそれぞれ味が違う。 私は「いろはす」「六甲の水」も飲むことがある...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ