プロTOP:東かおりプロのご紹介

一人一人が置かれた状況を踏まえ、より良い年金受給プランを提案する社会保険労務士(1/3)

年金相談のプロ 東かおりさん

障害年金を中心に遺族年金・老齢年金・離婚分割など公的年金全般の相談に対応

 「障害年金を受給するには、加入要件、保険料納付要件や障害状態要件を満たす必要があります。まずは初診日の確認が入り口となるのですが、この初診日の確認ができないため前に進めない人も少なくありません」と話す東かおりさんは、病気やケガによって障害状態になった場合の所得保障を目的とした「障害年金」制度に精通した社会保険労務士。障害年金を中心に公的年金の裁定請求代行や相談を専門に取り扱う社会保険労務士事務所「オフィス あず」を運営しています。

 「同一の傷病で転医があった場合、一番初めに医師の診療を受けた日が初診日となるので、初診日の特定にかなり時間がかかることも。特に、発病から長い年月が過ぎている場合、初診日の確認が難しくなることもあります」。障害年金の手続きは非常に複雑で難しいため、病気やケガに悩む人にとっては大きな負担になると表情を曇らせます。

 「診断書や添付書類に不備があり取り直しを指示された場合、何度も年金事務所に足を運ばなくてはなりません。また、発病時から現在までの病歴や就労状況を書きまとめる作業が必要となります」。東さんは、このような顧客の負担を軽減するため、書類作成や裁定請求書の提出などを代行。豊富な知識と経験を駆使し、障害年金受給に結びつけるため力を尽くしています。

 また、障害年金以外にも年金制度全般に詳しく、顧客の状況に合わせた年金プランの提案ができることも大きな特徴です。「例えば『障害年金と老齢年金』など、2つ以上の年金の受給資格がある場合、年金制度の原則である“一人一年金”に従い、いずれか1つを選択しなければなりません。どの年金を選択すれば有利なのかはお客さま一人一人が置かれている状況によって異なります」。顧客の状況を丁寧にヒアリングし、一番有利になる年金受給プランを見極め、将来も見据えたプランを提案して喜ばれています。

 離婚した夫婦のための年金分割制度、いわゆる「離婚分割」相談の対応経験も豊富。「配偶者の年金額が半分もらえると思っている方もおられるのですが、離婚分割はお互いの厚生年金や共済組合の加入期間の記録を分割するものであって、年金額を分け合うものではありません。また、原則離婚後2年以内に手続きをしなければならないので注意してください」

<次ページへ続く>

【次ページ】 年金事務所の窓口相談員としてさまざまな年金相談業務に対応

東かおりプロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

障害年金を中心に年金全般の相談に対応し最善の受給プランを提案

事務所名 : オフィス あず
住所 : 京都府向日市寺戸町七ノ坪141 SU・BA・CO 4F [地図]
TEL : 075-756-7153

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-756-7153

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

東かおり(あずまかおり)

オフィス あず

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
無年金者の離婚分割

年金の離婚分割というのは、お互いの婚姻期間中の厚生年金の記録(標準報酬)を分けあうことをいいます。たと...

[ 離婚分割 ]

死亡一時金?未支給年金?

 年金はいつからいつまで支払われるのでしょうか。 (年金の支給期間及び支払期月)国民年金法第18条第...

[ 死亡 ]

振替加算の手続きの仕方

前回の振替加算の続きです。年金の話をする上で、一番イメージしやすい夫婦の形は、妻:専業主婦夫:妻よ...

[ 老齢 ]

振替加算の支給要件

昨今、年金制度が目まぐるしく変わっています。平成27年10月には厚生年金や共済年金が一元化されましたし、平成2...

[ 老齢 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

東かおりのソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は東かおりさんが更新している外部メディアサイトです。

facebook
Facebook
ページの先頭へ