コラム

 公開日: 2017-12-28 

振替加算のお手紙が届いた方へ

あれから約4ヶ月ほど経ちました。


そう、振替加算の加算漏れの報道です。

日本年金機構からお手紙が届いている方、ちゃんと手続きして下さいね。

お手紙の中には、振替加算の手続きの届出書と、「戸籍謄本、住民票、配偶者の年金証書」がいりますという、案内のお手紙が入っています。大体昔夫が長年サラリーマンや公務員だった妻に送られています。


「戸籍謄本」はなぜいるのか?


妻が65歳の時に、夫と夫婦関係が続いていますか?ということを確認します。婚姻日がいつで、離婚していないかなどをチェックしているんです。


「住民票」はなぜいるのか?


妻が65歳の時に、夫と一緒に住んでいましたか?世帯主は誰でしたか?ということを確認しています。

もし、近々振替加算の手続きをしようとされている方で、お手元に住民票がある方は、「住所を定めた日を」を確認してみて下さい。

65歳の誕生日の前日までの日付だったら⭕️。

65歳誕生日以降だったら、65歳時点の住所がわかるものを別途用意しなくてはいけません。

例えば、住民票の除票、戸籍の附票といったものになります。


普段取り寄せることのない書類ですから、よくわからないなぁ〜っていう時は、どうぞ、年金事務所や街角の年金相談センター、オフィスで落ち着いて相談なさってくださいね。


今年の9月からコラムを始めましたが、難しい年金をわかりやすく噛み砕いて解説するって、ほんと難しいですね。
来年も、年金のこと、わかりやすくお伝えしていきたいと思っています。

もし、こんなことを教えてほしいとか、あんなことがわからないとかありましたら、いつもでお気軽に相談して下さいね。

それでは、どうぞ良い年をお迎えください。

☆★☆___________________________________________________________________☆★☆
あらゆる年金のご相談は 社会保険労務士 オフィスあず まで

この記事を書いたプロ

オフィス あず [ホームページ]

社会保険労務士 東かおり

京都府向日市寺戸町七ノ坪141 SU・BA・CO 4F [地図]
TEL:075-756-7153

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
年金相談のプロ 東かおりさん

一人一人が置かれた状況を踏まえ、より良い年金受給プランを提案する社会保険労務士(1/3)

 「障害年金を受給するには、加入要件、保険料納付要件や障害状態要件を満たす必要があります。まずは初診日の確認が入り口となるのですが、この初診日の確認ができないため前に進めない人も少なくありません」と話す東かおりさんは、病気やケガによって障害...

東かおりプロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

障害年金を中心に年金全般の相談に対応し最善の受給プランを提案

事務所名 : オフィス あず
住所 : 京都府向日市寺戸町七ノ坪141 SU・BA・CO 4F [地図]
TEL : 075-756-7153

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-756-7153

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

東かおり(あずまかおり)

オフィス あず

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遡及請求

前回の投稿から約4か月。しばらくお休みしておりましたが、コラム再開いたします。 遺族年金はいつまでに手...

[ 遺族 ]

基金が解散したら税金が引かれた!

今まで基金から年金をもらっていたのに、その基金が解散したら国からもらってた年金が増えたけど税金(所得税)が...

[ 老齢 ]

65歳になったら届くハガキ

65歳の誕生月に、ハガキタイプの「年金請求書」が届きます。これは、65歳からの老齢基礎年金と老齢厚生年...

[ 老齢 ]

離婚後2年過ぎてからの離婚分割

 離婚後2年過ぎると離婚分割はできないのか…。 原則、離婚してから2年以内に、標準報酬改定請求(離婚分割)...

[ 離婚分割 ]

無年金者の離婚分割

年金の離婚分割というのは、お互いの婚姻期間中の厚生年金の記録(標準報酬)を分けあうことをいいます。たと...

[ 離婚分割 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ