コラム

 公開日: 2014-05-20  最終更新日: 2015-12-10

【不動産】不動産賃貸のリスク(危険)と対策【前編】

5月も半ば、夏の到来を感じさせるような
暖かく朗らかな日々が続きますが
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は、「不動産を賃貸する場合のリスク(危険)と対策」と題して
コラムを書いていきたいと思います。

1.(不動産賃貸のメリット)

資産家の方々が、不動産を第三者に賃貸するメリットとして
最も大きいのが
「利回りが大きい」ことです。

不動産の投資価格の、おおよそ、4~7%の年間利回り(年利)を得ることが
出来ます。
年利0.1%を下回る定期預金が珍しくない中、
不動産の年利は、とても投資対象としては魅力的です。

また、株式などの金融資産と異なり、
不動産の価値が大きく下落しない限り、
投資元本を大幅に割り込む結果になることもありません。

ですので、不動産賃貸については、今後ますます
メリットが大きい投資対象になっていくのではないか、と思われます。

2.(リスク(1)契約終了の困難性)

しかし、法律上、不動産の賃貸は、貸主にとって様々なリスクが存在します。
そのうちの一つ目が「契約終了の困難性」です。

まず、建物の所有を目的とする借地契約の場合、土地賃貸借契約の期間は
原則として30年と定められており、
30年を下回る期間を定めても30年とされてしまいます。
また、30年が経過したとしても、契約の更新を拒絶すべき正当な事由が
認められない限り、契約を更新したものとみなされてしまいます。

次に、借家契約についてですが、
契約期間を定めたとしても、
契約の更新を拒絶すべき正当な事由が認められない限り、
契約を更新したものとみなされてしまいます。

(もっとも、定期建物賃貸借契約を締結しておけば、
契約期間が満了すれば契約は終了いたしますが、
法律上、定期建物賃貸借契約の成立のためには、
書面の作成や説明義務など、様々な要件が課されております)

このように、賃貸借契約は終了させるのが困難であるため、
貸主側にとっては
「不動産を利用・処分したいと思った時点でも賃貸借契約が終了できず、
 不動産を利用・処分できない」
というリスクが生じるのです。

3.(リスク(2)賃料不払いの場合の損失)

二つ目の場合として「賃料不払いの場合の損失」が挙げられます。

家賃を支払わない賃借人については、
法律上、賃貸借契約を解除し、
もって、賃借人に対し、賃貸目的物の明渡を求めることができます。

しかし、明渡しを求めたにもかかわらず、
賃借人が断固として明渡を行わなかった場合は、まず、
 □ 賃借人への明渡を求める民事訴訟
を提起し、勝訴判決を得なければなりません。

なぜかというと、国家権力により強制的に明け渡しを実現しようとする場合は、
まず、裁判所という国家機関から、
民事訴訟の判決という「強制的に明渡をしてもいいですよ」という
お墨付きをもらわなければならないからです。

この結果、民事訴訟を行うための時間・手間・費用を要してしまいます。
訴訟に要する弁護士費用は、本当に事案によって異なりますが、
20~100万円程度になります。
なお、訴訟に要する弁護士費用を相手方に請求することはできません。

さらに、勝訴判決を経ても賃借人が明渡に応じなかった場合
 □ 裁判所に民事執行手続を申し立てたうえでの強制執行
を行わなければなりません。

なぜかというと、
個人の財産に対し強制を行うのは、国家権力しかなしえず、
いわゆる自力救済
(例えば、私人が賃貸目的物の内部の動産を
 賃借人の承諾なく撤去してしまうことなど)
は、禁止されているからです。

この結果、民事訴訟に加え、
強制執行を行うための時間・手間・費用を要してしまいます。

強制執行に要する費用としては、弁護士費用に加え、
実際に執行を行う執行官の費用などが必要となります。
それらの費用は、本当に事案によって異なりますが、
50~200万円程度になります。

強制執行に要した費用のうち、弁護士費用以外は、賃借人に請求できますが、賃借人に財産(資力)がなければ、事実上回収できません。

このように、賃貸借契約に基づく賃借人が賃料を支払わなかった場合でも
退去させることが困難であるため、
貸主側にとっては
「賃借人の賃料不払いの場合でも、
 明渡のため、多額の費用の出費を余儀なくされる」
リスクが生じるのです。

なお、賃借人が賃料を支払わずに物件を明け渡さない場合の主な例として
以下の場合が挙げられます。
□ 賃借人が、賃貸人に対し嫌がらせを行う目的で
  賃貸目的物を占有し続ける場合
  (この場合がまず想定されますが、この場合以外にも以下の場合があります)
□ 賃借人に転居費用がなく、明渡しが経済的に不可能な場合
□ 賃借人が性格的にズボラで、次の転居先を自ら探さない場合
□ 賃借人が、いわゆる「夜逃げ」をしてしまった場合
□ 賃借人が賃貸目的物の内部で死亡していた場合

現在は2番目がかなり多いと思われます。

では、このような賃借人のリスクに対し、
賃貸人は、どのような対策を立てればよいでしょうか。
このことについては、次回のコラムで、述べたいと思います。

この記事を書いたプロ

オギ法律事務所 [ホームページ]

弁護士 荻原卓司

京都府京都市伏見区竹田久保町21-7 ビル・マルジョウ3F [地図]
TEL:075-646-1800

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

どのようなことでも当事務所に、法律相談にお越しいただければと思います。詳しくはhttp://ogihouritu.jp/を、ご覧いただけますと幸いです。

 
このプロの紹介記事
借金問題の解決に取り組む、京都・伏見の弁護士 荻原 卓司(おぎはら たくじ)さん

生活の立て直しを大前提に、借金問題を解決に導く京都・伏見の弁護士(1/3)

京都市営地下鉄くいな橋駅から歩いて約5分のところにあるオギ法律事務所。弁護士の荻原卓司さんは、主に借金問題の解決に力を入れて取り組んでいます。返済困難に陥ったとき、まず思い浮かぶのが「自己破産」でしょう。しかし、ほかにも「民事再生」「債務整...

荻原卓司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

個人再生・交通事故はお任せください!

事務所名 : オギ法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区竹田久保町21-7 ビル・マルジョウ3F [地図]
TEL : 075-646-1800

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-646-1800

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荻原卓司(おぎはらたくじ)

オギ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【企業法務】経営が苦しい中小企業の経営分析と対策について

秋も過ぎようとしており、いよいよ2016年も終わりに近づいています。皆様にとって、今年はどのような年だ...

【相続】相続未了の不動産(空き家)を売却する方法

オギ法律事務所 弁護士の荻原です。一気に寒くなってきましたね。体の調子が不安定になるころですので、...

【交通事故】主婦でも「休業損害・逸失利益」は認められます

オギ法律事務所の荻原です。このコラムがとても反響が大きかったため、2016年11月26日に少し訂正、...

【交通事故】交通事故の事案における過失割合の認定方法

ご無沙汰しております。弁護士の荻原です。10月に入り、大分過ごしやすい気候となって参りました。季節の...

住宅ローンのお支払いが困難な方へ

京都・伏見の法律事務所、オギ法律事務所の弁護士の荻原です。本当に寒い日が続きますね。風邪にならないよう...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ