コラム

 公開日: 2015-02-28  最終更新日: 2015-12-10

【事務所案内】京都マラソン完走記

寒い日とやや暖かい日が繰り返し訪れる今日この頃ですが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回のマイベストプロ コラムは
やや趣向を変えて、
先日、私が走ってきた京都マラソンについて書きたいと思います。
いつもとは違ったコラムをお楽しみいただけますと幸いです。

1.(初マラソンに向けた準備)

2月15日の京都マラソンに運良く当選し、
それ以降、初マラソンに向けた準備を
着々と進めていきました。

完走に向けたペース配分の検討、
レース中の栄養補給の方法と買い出し、
シューズやソックスの新調などです。

ただ、もっとも大事な準備である
事前の走りこみは、
あまり行えないまま、本番を迎えてしまいました。

2.(スタート直後)

朝の7時30分に京都マラソンのスタート地点である
西京極陸上競技場に入り、
着替えとウォーミングアップをして、8時40分ころ整列。
その後、9時にスタートの号砲が鳴り響きました。

しかし、私は初マラソンで、かなり後ろのほう(Kブロック)に
並ばされていたので、
実際にスタートできたのは、号砲から約13分後でした。

スタート直後から沿道の歓声が鳴り響き、
ひらすら沿道の方々とハイタッチをしながら進んで行きました。
しかし、2キロ過ぎで、あまり調子が良くなく、足が重いことに
気づいてしまいました。

3.(関門制限の恐怖)

私のような初心者ランナーにとって、8か所ある関門制限は
とても怖いです。
制限時間までに関門を通過できないと、その後レースを走ることができず、
収容バスに乗せられてゴールの平安神宮前まで連れて行かれるのです。

関門を通過するためには、おおよそ、1キロを約8分で走らなければなりません。
時速にすると約7.5キロです。
早すぎても途中でばててしまいますし、遅すぎても関門に引っかかってしまいます。
調子の悪い中、
フラフラになった頭で必死に計算しながら速度を調整し、
なんとか第1関門を制限時間4分前、第2関門を制限時間7分前くらいで通過いたしました。

なお、しっかりと事前に走り込みを行った場合、
1キロ約8分で42キロ走ることは余裕だと思われますので、
しっかり練習することが、やはり大事だったと思われます。

4.(集中力の低下)

10~15キロの地点から、何か頭がぼーっとし、
だらだらと走っているような感じになりました。
ランナーズハイというのは全くなく、
砂漠を走っているような孤独感を感じながら、
足を進めていきました。

そして、ペースが、目に見えて落ちて行きました。

これはまずい、と思い、
栄養補給のゼリー(まずい)を食べつつ、
なんとか気分転換を試みました。

21キロの中間点を迎えたとき、すでに結構体の疲れが出ており、
限界が見えてきた状況でした。
私はハーフマラソンしか走ったことがなかったので、
ここからは未知の領域です。
走りきれるかどうか、この時点では、正直なところ、五分五分の感じでした。

5.(ラン アンド ウォークの効果)

ところで、私は、ある先輩の助言で、
5キロごとに、30秒~1分くらい歩くようにしていました。
そのほうが足の疲労がたまるのを防げるためです。

21キロの時点で、予想よりも疲れており、また先も長かったことから、
21キロ以降は、3~4キロに1度ほど、1分~2分歩くようにしました。
その結果、予想よりも体の疲れがひどくなるのを防止でき、足も運ぶことができるようになってきました。
初マラソンの方には是非お勧めする方法です。

25キロ付近で、トイレ休憩とストレッチを行い、ここからかなり元気を取り戻しました。
今回の京都マラソンの新名物、植物園の周回コースも、楽しく走ることができました。
ただ、誤算だったのは、走っているため、目線が高く遠くなってしまい、ほとんど植物が見えなかったことです。

6.(河川敷の試練)

京都マラソンは30キロ過ぎから、鴨川の河川敷を走ります。
この河川敷は、地面が「土」で、かつでこぼこなので
走ると、足にかなりのダメージを感じてしまいます。

河川敷の約4キロは、今までにも増して足が痛くなり
「怪我しないだろうか」との不安が強く襲ってきました。
我慢に我慢を重ねる時間帯になりました。

7.(応援の感謝)

その後「まちなかコース」として、丸太町通りや京都市役所前などを通りました。
京都市役所前付近では、知り合いの方が複数応援に来ていただき、
元気をもらい、一気に前を向いて走りだすことができました。
ただ、応援を頂くのに夢中で、ここの休憩所にある生八つ橋を食べ忘れてしまいました。

8.(勝負。最後の上り坂)

38キロ付近から、銀閣寺に向かう道で、京都マラソン最後にして最大の難関、1キロ少しの上り坂が待ち受けます。
私はここが最大の勝負のポイントと考え、
事前に坂道を中心としたトレーニングを行うとともに、
この日も、出来るだけペースを抑え、
なるべく体力と足の疲労を温存してこの坂を迎えました。

坂を登り始めると、周りの方の7割以上が、もう歩いていました。
しかし
「ここで走って登りたい!
そのために、今まで、準備して、頑張ってきたんだから」
という気持ちを強く持って、前を向いて、
ゆっくり、少しずつ走りました。

その結果、この坂はすべて走って登り終えることができました。

しかし、下り坂で歩いてしまいました・・・

9.(ついにゴールへ)

残り2キロで制限時間(6時間)の約30分前でした。
まともにいけば、歩いても、完走は間違いありません。

しかし、何が起こるか分からないのが弁護士業務とマラソン、
と考え、
最後まで、油断せず、できる限り走ってゴールしようと思いました。

足には相当疲れがきていましたが、
上半身は比較的元気だったので、
ゴール近くの多くの応援の方とハイタッチを重ね、
少しずつ、ゴールに近づいて行きました。

「なんて楽しいイベントなんだろう。
ボランティアの方々、沿道の方々、そして多くの関係者の方々、
本当にありがとうございます」

そのような感謝の気持ちを胸に、
走り始めてから5時間半以上経過した、
午後2時48分41秒、ついに無事ゴールいたしました!

スタートしてからのタイムは5時間35分42秒、
想定タイムよりは遅かったものの
体重約80キロ、39歳の男性の初マラソンとしては
上出来のタイムだったと思います。

何より、ケガがなかったのが本当に良かったです。

10.(まとめ)

完走した達成感・充実感はとても大きく、
気持ちも新たに、京都マラソン以降、
精力的に仕事にも打ちこめています。

今後も、マラソンやランニングで、体を鍛え、ストレスを発散しつつ
弁護士業務を精一杯行いますので、
何卒、今後とも、オギ法律事務所をよろしくお願いいたします。

この記事を書いたプロ

オギ法律事務所 [ホームページ]

弁護士 荻原卓司

京都府京都市伏見区竹田久保町21-7 ビル・マルジョウ3F [地図]
TEL:075-646-1800

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

どのようなことでも当事務所に、法律相談にお越しいただければと思います。詳しくはhttp://ogihouritu.jp/を、ご覧いただけますと幸いです。

 
このプロの紹介記事
借金問題の解決に取り組む、京都・伏見の弁護士 荻原 卓司(おぎはら たくじ)さん

生活の立て直しを大前提に、借金問題を解決に導く京都・伏見の弁護士(1/3)

京都市営地下鉄くいな橋駅から歩いて約5分のところにあるオギ法律事務所。弁護士の荻原卓司さんは、主に借金問題の解決に力を入れて取り組んでいます。返済困難に陥ったとき、まず思い浮かぶのが「自己破産」でしょう。しかし、ほかにも「民事再生」「債務整...

荻原卓司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

個人再生・交通事故はお任せください!

事務所名 : オギ法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区竹田久保町21-7 ビル・マルジョウ3F [地図]
TEL : 075-646-1800

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-646-1800

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荻原卓司(おぎはらたくじ)

オギ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【企業法務】経営が苦しい中小企業の経営分析と対策について

秋も過ぎようとしており、いよいよ2016年も終わりに近づいています。皆様にとって、今年はどのような年だ...

【相続】相続未了の不動産(空き家)を売却する方法

オギ法律事務所 弁護士の荻原です。一気に寒くなってきましたね。体の調子が不安定になるころですので、...

【交通事故】主婦でも「休業損害・逸失利益」は認められます

オギ法律事務所の荻原です。このコラムがとても反響が大きかったため、2016年11月26日に少し訂正、...

【交通事故】交通事故の事案における過失割合の認定方法

ご無沙汰しております。弁護士の荻原です。10月に入り、大分過ごしやすい気候となって参りました。季節の...

住宅ローンのお支払いが困難な方へ

京都・伏見の法律事務所、オギ法律事務所の弁護士の荻原です。本当に寒い日が続きますね。風邪にならないよう...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ