コラム

 公開日: 2012-09-08  最終更新日: 2016-11-08

交通事故について(1)どの段階で弁護士に相談・依頼するのがお勧め?

季節は秋になりましたが
夏の暑さは続きますね。
夏バテと懸命に戦っている荻原です。

さて、交通事故の被害者になり傷害を負った場合、
加害者が任意保険に加入しているときは
任意保険会社との間で損害に関する交渉を行っていくことになります。

任意保険会社に請求できる損害の内容は、主に、以下の通りとなります。

(1)症状固定(後述の「用語解説」参照)前

 □ 治療費(実際には保険会社が病院に直接支払います)
 □ 通院交通費
 □ 治療中の期間の休業損害(支払われない場合や、減額される場合もあります)

(2)症状固定後

☆ まず、任意保険会社により、後遺障害があるかどうかの事前認定がなされます。
    (被害者から自賠責保険会社に対し、後遺障害の等級認定を請求する場合もあります)
☆ 後遺障害の等級認定で「非該当」となった場合
 □ 入通院慰謝料(入院・通院の期間に基づいて認められる慰謝料です)
 □ 休業損害の未払分
☆ 後遺障害の等級認定で、14級以上の等級が認められた場合
 □ 入通院慰謝料(入院・通院の期間に基づいて認められる慰謝料です)
 □ 休業損害の未払分
 □ 後遺障害慰謝料(後遺障害の程度によって認められる慰謝料です)
 □ 逸失利益(後遺障害の結果、将来得ることができなくなると考えられる利益です。)
☆ これらの合計額に、過失割合(自己の過失のパーセント)を乗じ、既払金(任意保険会社などから支払われた金額)を差し引いた金額が、請求できる損害額となります。

※用語解説
 「症状固定」・・・治療の結果、完治したか、あるいは、これ以上治療を継続しても改善の見込みがなくなった状態のことを指します。
  医学的な見地から判断されます。
  症状固定後の治療費は、損害賠償の対象になりません。

 このように、症状固定の段階になり、かつ、後遺障害の程度が明らかになって、初めて、損害額の概要が分かることになります。

 では、弁護士への相談や依頼は、どの時点で行うのがお勧めでしょうか?
ア 事故直後・治療中
イ 症状固定時
ウ 後遺障害の認定時
エ 保険会社から、損害額の原案の提示がなされた時
オ 保険会社と交渉したが合意できなかった場合

 実は、ア~オのどの段階でも、弁護士への相談や依頼を行うのが「お勧め」なのです。

 確かに、損害賠償金がおおよそどの程度かは、ウ(後遺障害が生じていない場合はイ)の時点にならないと、判明いたしません。
 しかし、ア 事故直後や治療中の時点であっても、不安に思われる点は、御相談頂く方がきっと安心できるかと思います。また、保険会社の担当者の方との交渉に不安を感じるのであれば、弁護士に委任し、交渉の窓口になる方が、安心して治療等に専念できます。
 ですので、アの段階であっても、是非、弁護士に相談・依頼をすることをお勧めいたします。

 もちろん、エやオの段階で御相談に来られることもできますし、そのような方も多いです。この場合、資料をそろえて頂ければ、法律上認められるであろう、損害賠償額の見込みを計算し、お伝えすることができます。

 オギ法律事務所は、一部の法律事務所と異なり、後遺症が存在しない事案の御依頼は引き受けない、などということは決していたしません。
 どんな事案であっても、依頼者のために、全力を尽くしていきたいと思います。

この記事を書いたプロ

オギ法律事務所 [ホームページ]

弁護士 荻原卓司

京都府京都市伏見区竹田久保町21-7 ビル・マルジョウ3F [地図]
TEL:075-646-1800

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

どのようなことでも当事務所に、法律相談にお越しいただければと思います。詳しくはhttp://ogihouritu.jp/を、ご覧いただけますと幸いです。

 
このプロの紹介記事
借金問題の解決に取り組む、京都・伏見の弁護士 荻原 卓司(おぎはら たくじ)さん

生活の立て直しを大前提に、借金問題を解決に導く京都・伏見の弁護士(1/3)

京都市営地下鉄くいな橋駅から歩いて約5分のところにあるオギ法律事務所。弁護士の荻原卓司さんは、主に借金問題の解決に力を入れて取り組んでいます。返済困難に陥ったとき、まず思い浮かぶのが「自己破産」でしょう。しかし、ほかにも「民事再生」「債務整...

荻原卓司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

個人再生・交通事故はお任せください!

事務所名 : オギ法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区竹田久保町21-7 ビル・マルジョウ3F [地図]
TEL : 075-646-1800

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-646-1800

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荻原卓司(おぎはらたくじ)

オギ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【企業法務】経営が苦しい中小企業の経営分析と対策について

秋も過ぎようとしており、いよいよ2016年も終わりに近づいています。皆様にとって、今年はどのような年だ...

【相続】相続未了の不動産(空き家)を売却する方法

オギ法律事務所 弁護士の荻原です。一気に寒くなってきましたね。体の調子が不安定になるころですので、...

【交通事故】主婦でも「休業損害・逸失利益」は認められます

オギ法律事務所の荻原です。このコラムがとても反響が大きかったため、2016年11月26日に少し訂正、...

【交通事故】交通事故の事案における過失割合の認定方法

ご無沙汰しております。弁護士の荻原です。10月に入り、大分過ごしやすい気候となって参りました。季節の...

住宅ローンのお支払いが困難な方へ

京都・伏見の法律事務所、オギ法律事務所の弁護士の荻原です。本当に寒い日が続きますね。風邪にならないよう...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ