プロTOP:奥村一正プロのご紹介

技術・デザイン・ブランドを“見える化”し、ものづくり企業の未来を切り拓く特許庁の元審査官(1/3)

中小企業等の特許・商標取得を支援するプロ 奥村一正さん

「出願人主導型の特許のとり方」で、事業に役立つ特許の取得を目指す

 「優れた発明をしても技術者の頭の中にあるだけでは、他の人には理解できません。私の仕事は、技術・デザイン・ブランドなど企業の強みを “見える化”することだと考えています」と語るのは、弁理士の奥村一正さん。京都市下京区のオフィス-ワン四条烏丸に「奥村一正特許事務所」を構え、京都市を拠点に「特許・実用新案・商標・意匠」の調査・出願・異議申立、「特許・商標・意匠」の中間処理、コンサルティング・講演活動などに対応。生産設備や制御技術の特許権の取得を得意分野としています。

 弁理士として独立する前は、特許庁の審査官だった奥村さん。そのため、審査官の考え方や審査の過程を熟知しており、仮に特許出願後、特許性を審査官に否定された場合も、的確な反論を行い、適切な権利取得に向けた取り組みをできることが強みです。

 従来の出願は、「出願前の先行文献調査(技術情報の中から発明した内容に近い先行技術を探す調査)」をあまり行わず、分厚い明細書(発明の内容を示す書類)を用意し、審査官から特許性を否定された場合、その内容を審査官の言われるままに分厚い明細書に記載している内容に基づき補正(変更)しているように思えるという奥村さん。審査官の言われるままに特許請求の範囲を補正して特許を取ったとしても、事業に役に立たない特許になる可能性があると警鐘を鳴らし、このような特許のとり方を「審査官任せの特許のとり方」と呼んでいます。

 奥村さんが心掛けているのは、「出願人主導型の特許のとり方」の実践。「審査官は必ずしも出願人の事業や技術を深く理解しているわけではありません。書類だけで伝わらない場合は、面談で説明するなど、手を尽くす必要があります」。奥村さんは、全ての出願について「先行文献調査」を実施。顧客の意向を反映しながら「特許請求の範囲(特許権の範囲を明確にする文章)」を構成し、明細書を作成。審査の過程においても、面談などを通じて審査官と十分にやりとりし補正を極力なくして、事業に役立つ特許権の取得を目指しています。

「面談では、明細書だけでなく発明品の実物も使って説明すると審査官に喜ばれますよ。大きな設備や動く機械など、図面だけでは理解できない発明は、工場などに審査官に来てもらって説明すると効果的です」

<次ページへ続く>

【次ページ】 大手電機メーカーの技術者から知的財産の専門家へ

奥村一正プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

生産設備・制御技術の技術・特許審査に精通している

事務所名 : 奥村一正特許事務所
住所 : 京都府京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480 オフィス-ワン四条烏丸305 [地図]
TEL : 075-746-2982

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-746-2982

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

奥村一正(おくむらかずまさ)

奥村一正特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
秋分の日
イメージ

今日は、秋分の日です。秋晴れで気持ちのいい朝です。最近は、休みの日でも仕事が気になって事務所に行く...

[ 雑感 ]

特許査定
イメージ

 先日、コラムに「面接審査」について書かせて頂きましたが、その面接審査をした出願案件が、このたび目出度く特...

[ 特許の話題 ]

セミナーのご案内

来る12月15日(金)に、「役立つ特許の賢いとり方 ~元審査官が教える特許審査の実情と優れた明細書の書き...

[ 特許の話題 ]

特許審査官との面接
イメージ

 特許出願した後、特許庁に対して審査請求をすることにより審査が開始されます。特許審査においては書面審査が原...

[ 特許の話題 ]

中秋の名月の日
イメージ

10月4日は、中秋の名月でした。この日、私は13年継続しているワインオーナーとして山梨県勝沼で行われた収穫祭...

[ 雑感 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

奥村一正のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は奥村一正さんが更新している外部メディアサイトです。

facebook
Facebook
ページの先頭へ