コラム

 公開日: 2018-02-04 

実用新案と特許

 ときどき実用新案の出願相談を受けることがありますが、私は、できる限り特許で出願することをお勧めしています。
 実用新案は無審査で登録されますのでたしかにハードルが低いですが、権利行使にあたっては特許審査と同等の技術評価書の作成を特許庁に依頼する必要があります。技術評価書作成における審査は、特許審査に比べて甘いことはなく、特許と同じレベルです。そして、作成された技術評価書で進歩性なしとされると権利行使はむづかしくなります。すなわち入り口のハードルは低いですが、最終的には特許と変わらないハードルをクリアしなくてはなりません。
 また、実用新案は物品に関する考案しか出願できません。つまり、なんとか方法やソフトウエアに関するものは出願不可です。
 さらに、実用新案の権利期間は出願日から10年間ですので、特許の20年間に比べると短いです。
 戦略的に、最初は実用新案で出願し登録しておいて、後に特許に変更するという高等テクニックもあることはありますが、費用がかかるので必要性を十分に検討するべきです。
 実用新案の相談をされる方は、発明(考案)の技術レベルが特許ほど高くない(つまりハイテクではない)とお考えの方が多いですが、ハイテクでなくても特許にすることができます。つまり、過去に同じような事例がなく、かつ効果が認められれば、特許査定を受けることができます。そして既に述べたように、特許の方が権利期間が長く、また第三者に対するけん制力も強いと思います。
 アイデアを思い付いたら、遠慮せずに特許出願を検討しましょう。

弊所ホームページはこちら

この記事を書いたプロ

奥村一正特許事務所 [ホームページ]

弁理士 奥村一正

京都府京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480 オフィス-ワン四条烏丸905 [地図]
TEL:075-746-2982

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中小企業等の特許・商標取得を支援するプロ 奥村一正さん

技術・デザイン・ブランドを“見える化”し、ものづくり企業の未来を切り拓く特許庁の元審査官(1/3)

 「優れた発明をしても技術者の頭の中にあるだけでは、他の人には理解できません。私の仕事は、技術・デザイン・ブランドなど企業の強みを “見える化”することだと考えています」と語るのは、弁理士の奥村一正さん。京都市下京区のオフィス-ワン四条烏丸...

奥村一正プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

生産設備・制御技術の技術・特許審査に精通している

事務所名 : 奥村一正特許事務所
住所 : 京都府京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480 オフィス-ワン四条烏丸905 [地図]
TEL : 075-746-2982

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-746-2982

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

奥村一正(おくむらかずまさ)

奥村一正特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
秋分の日
イメージ

今日は、秋分の日です。秋晴れで気持ちのいい朝です。最近は、休みの日でも仕事が気になって事務所に行く...

[ 雑感 ]

特許文献の読み方

 特許や先行文献調査に興味を持っていても、特許文献は読むのが難しいものです。まず、特許庁から公開される特...

[ 特許の話題 ]

特許審査官の見方は?

ある弁理士の方から、応援依頼がありました。お客様が特許審査官の見方、考え方等を教示して欲しいとのことです。...

[ 特許の話題 ]

特許審査官の同期会

先週の金曜日に任期付き特許審査官の同期会に参加しました。特許庁審査2部の任期付き審査官第1期生33名のう...

[ 雑感 ]

特許審査を速くするには

特許出願の目的は、通常は特許権の取得ですね。今、特許を出願し審査請求してから1次審査が完了して拒絶理由通知...

[ 特許の話題 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ