コラム

 公開日: 2014-12-14 

裁判所に提出する書面

裁判所には,訴状や準備書面などさまざまな書類を出します。
その書面に、きつい言葉や汚い言葉を書いてくる弁護士や本人さんをたまに見かけます。
また、語気強いものや断定的なものの言い方をしているものもあります。
内容によっては名誉毀損に当たるものがあり、それはそれで損害賠償や謝罪という問題が生じたり、弁護士の場合、品位を汚すということで懲戒の対象になるものもあります。
対立関係にあるので,言葉は厳しくなってしまうのもわからなくはないのですが、それでも私はできる限り、客観的な事実を冷静に述べるようにしています。
語気を強くしたり、名誉毀損的な厳しい言葉を書いても、いたずらに相手方の反発を招くだけであり、得策ではありません。
民事事件は、その事件が終了した後も、同じ社会で暮らしていく者同士が争うわけですから、無用に悪感情を招くようなコトはやめておかなければなりません。語気が強いのは、逆にせいぜい虚勢を張るぐらいしかできないのかと裁判所に思われてしまうこともあります。決して弱気だから、語気を強めていないのではなく、冷静にこちらの見通し通りに持って行くために戦略的に冷静で丁寧な言葉を使うのです。

この記事を書いたプロ

赤井・岡田法律事務所 [ホームページ]

弁護士 岡田一毅

京都府京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184 オクムラビル2階 [地図]
TEL:075-257-6033

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岡田一毅 おかだかずき

コーチングスキルを駆使し、クライアントとともに問題解決に取り組む弁護士(1/3)

 「大学時代は法学部ながらもマスコミサークルに没頭し、卒業してからも司法試験に挑戦するといいながら、のんびり構えていましたね」と語るのは弁護士の岡田一毅さん。そんな岡田さんが司法試験へ向けての受験勉強に本腰を入れたのは、実家が経営する呉服白...

岡田一毅プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

丁寧な対話と法律知識を組み合わせたリーガルコーチング

会社名 : 赤井・岡田法律事務所
住所 : 京都府京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184 オクムラビル2階 [地図]
TEL : 075-257-6033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-257-6033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡田一毅(おかだかずき)

赤井・岡田法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
東京都知事の政治資金規正法の問題

東京都知事の政治資金の使われ方の問題がクローズアップされています。弁護士として一連の報道を眺めていると、...

[ 雑感 ]

ゴールデンウィークと相続

久しぶりの投稿です。今年のゴールデンウィークは、長期間ですのでレジャーにいかれたり、帰省される方もおおい...

[ 法律相談 ]

年末年始のお休みについて

12月29日から1月4日までお休みを頂きます。1月5日から執務を開始いたします。顧問先様及び得意先様で...

[ 雑感 ]

建築物の著作権

建築物についても、思想または感情の表現となることがあり、著作権の対象となる場合があります。したがって、ある...

[ 建築 ]

私の夏休み

私の事務所ではお盆休み以外は、個別に休みを取ることにしています。弁護士も長期間休みを取って海外旅行に行く人...

[ 雑感 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ