コラム

 公開日: 2015-08-27 

同じ黒色でも、礼装用の生地と一般的なスーツ地は違う!

冠婚葬祭のシーンで恥をかかないために・・・

冠婚葬祭の場で、よく見かける「ブラックスーツ」の生地は、フォーマル用として織られていることをご存知ですか?

フォーマル用の素材としては、ドスキン、タキシードクロス、バラシア、サマードスキン、モヘヤ&ウール、ウールジョーゼットなどがあります。
いずれも風格ある漆黒の黒色が特徴です。

●ドスキン:
主に冬用。どっしりした肌触り、正に王道の礼装用の生地。
最上級のメリノ羊毛で朱子織。柔軟で光沢があり、目のつんだ織物。
緻密に織り上げたあと、起毛し、毛を短く刈り揃えて毛を寝かせ滑らかに仕上げています。
     
起毛しているため、埃が付きやすいのが弱点でもあります。
そのためか、最近ではあまり見かけなくなりました。

●タキシードクロス:
ドスキンに代わって、軽量で毛羽が少なく、埃も付きにくく、艶のあるタキシードクロスがフォーマル用として主流を占めています。

●バラシア:
バラシア組織と言われる変わり横畝組織の織物。
中肉、厚みのあり、シワになりにくい特徴があります。

●サマードスキン:
ポーラータイプの通気性が良く、夏用として用いられています。
シワになりにくい。

●モヘヤ&ウール:
モヘヤ山羊のヘヤー60%をウールと混紡したシャリ感のある夏用生地です。

●ウールジョーゼット:
織物の表面に細かい凸凹を表し、それによってザラザラとした手触りを持たせた梨地織の生地で主にレディス用として用いられることが多い。

見る人が見ればすぐわかる、礼服用とスーツ地との差

一般的なスーツ地と礼服用との大きな差は、黒の色です。
ひと口に、黒色と言っても、いろいろな黒があります。
ブラックスーツ
表面を緻密に朱子織調に織った礼装用の生地の黒は、漆を刷毛で塗ったような艶のある漆黒の黒色をしています。
一般的な黒の生地には綾目が目立ち、この艶がなく、斜めから眺めるとドブネズミのような薄い黒に見えることがあります。

礼装用の生地の中でも高品質ほど、深い漆黒が見られます。

従って、礼服用のブラックスーツにネクタイを変えて、ビジネスに向かっても相手には礼服と見られ、「何か御不幸があったのですか?」と言われかねません。

逆の意味から、一般的なスーツ地の黒色のスーツを喪服代わりに着て行けば、一目瞭然、常識を疑われる恐れがあります。

※男30歳または妻帯者は社会的にそれなりの立場に居られます。
社会の常識として、「礼装用のブラックスーツ」をクローゼットの中の一員に加えてください。

こちらに、フォーマルの基礎知識を解説しています
フォーマウエアのマナ違反を解説しています
通夜、葬儀の服装について解説しています

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

お誂え洋服たなか [ホームページ]

ファッションアドバイザー 田中輝彦

京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL:075-721-0880

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お伺いします
和歌山城

1昨年秋に和歌山市にお住いのK様から、メールをいただきましyた。最近、結婚式やパーティーに招かれることが多くなり、その時に着ていくべき礼服が若い時に買った...

マスコミで紹介される
イメージ

切り絵作家の「成田一徹」師が京都新聞社の記者さんと一緒に直接取材に来られました。師が取材の中で感じられたことを版画に表し、文を書いてられます。お抱えの...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
田中 輝彦(たなか てるひこ)さん

フルオーダーメイドだから、どんな体型でも最高の着心地に(1/3)

 「人の体型は職種や長年の癖によって違ってあたりまえ。既製品やイージーオーダーでは叶わないその人だけの着心地を追求するフルオーダーメイドの良さを、ぜひ知っていただきたいですね」と田中輝彦さん。 「同じスーツでも『スッキリと細身にキメたい...

田中輝彦プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

体に合わせた自然なスタイルを、フルオーダースーツで創ります!

店名 : お誂え洋服たなか
住所 : 京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL : 075-721-0880

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-721-0880

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

田中さんのおかげで、素晴らしい一日をありがとうございました。

 ようやくしのぎやすい季節となりましたが、田中様にはます...

T・H
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コラムをテーマーごとに纏めました。

お蔭様で私が書いたコラム数も120を越えました。フルオーダーに拘って、主にメンズのオーダースーツやジャケ...

[ コラムのテーマーについて ]

フルオーダーとイージーオーダー。 自分に合ったオーダーを選ぼう!
裁断、型紙

選んだ生地からスーツやジャケットに仕立てる(縫製)ことをオーダーメイドと言います。従って同じ生地を選んで...

[ オーダースーツのいい話し ]

障がい者の礼服を着て、愛する娘とバージンロード一緒に歩きたい。
イメージ

子供の結婚式は、世の親としては最大の行事であって、親として責任を果たした瞬間であります。親として、子供の...

[ 車椅子ユーザーのフォーマルウエア ]

学長、校長先生の式典での服装
イメージ

センター試験も終わり、受験生たちは目指す大学に合格出来ることを祈り願っているところだと思います。また、一...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

急な通夜に何を着て行けばよいのか?通夜、葬儀の服装やマナー
イメージ

一般的には男性は礼装用の黒またはダークスーツ。女性は黒またはダークブルーのスーツ、ワンピース、アンサンブ...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ