コラム

 公開日: 2015-09-28  最終更新日: 2016-09-25

スリーピースーツのベスト


3P(三つ揃え)が紳士の本格的なスタイル

本来スーツと言うのは、上着(ジャケット)、ベスト(チョッキ)そしてズボン)スラックスの3点セットで着るスタイルのことです。
それが、1950年代にアイビーファッションが流行して以来、アメリカスタイルの上着とズボンの2ピースが主流を占めていました。
近年、ベストにもいろいろなデザインを取り入れたものが多くなるにしたがって、3P(三つ揃え)スタイルが増えてきました。

歴史は18世紀ごろ、袖の無いウエストコート(Wsistcoat)が始まりと言われています。
別名、チョッキ(直着が訛ったとされたとみ謂われています)
本来は、上着(ジャケット)と下着(ズボン)の間に着る中衣、胴衣です。
ベストは、上着の代わりとして扱われていますので、ベスト単品のオッドベストなどはアウトウエアーとしてスポーツシャツの上に羽織ってオシャレを楽しんでいrます。

フルオーダーのベストの背中と背裏

スーツとして着る場合は、上着やズボンと同じ共地を使います。

裏地も上着の胴裏と同じものをベストの背中に使います。

特にフルオーダーはベストの背裏(肌に接する部分)には吸湿性の良い綿生地の縞スレキを使用します。

この縞スレキにも、いろいろな柄や素材がありますが、ズボンの腰裏と合わせて同じものを使っています。

ベストはもともとタブレットから、袖が無くなり、上着丈が短く、肌に密着と変化したものと言われていますので、ベストは上着の一種の中衣として扱われています。
オフィスなどでは上着を脱いで、ベストスタイルで過ごされることもオシャレ度が増しますよ。

ちなみに、以前は真夏のスーツ(三つ揃え)として、麻(リネン)のスーツがよく着られていました。

一方、カッターシャツ(ワイシャツ)は欧米では肌着、下着扱いですので、オフィスなどでシャツ姿で過ごすことは下着姿でうろうろ室内を歩くのと同じことであると理解してください。
しかし、高温多湿の日本ではそうも言ってられないですから、カッターシャツの中に吸湿性の良い下着を着ることをお勧めします。

お洒落ジャケットとベスト

俗にいう、替え上衣。お洒落なジャケットと共地のベストが最近見かけます。
私どもでも、替え上衣(オシャレジャケット)をご注文いただいたとき、要尺が多くある場合は共地のベストをお勧めしています。
スーツやジャケットの中に、ニットのベストを着ているスタイルを見かけますが、防寒の意味でしょうが、オシャレ度はマイナスになることがありますので、余程上着やズボンとの調和のとれた素材、色柄に注意してください。

その点、上着と同じ共地のベストは、オシャレ度100%です。
オシャレなジャケットはこちらにも解説しています。
礼服のベストについてはこちらに解説しています。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

お誂え洋服たなか [ホームページ]

ファッションアドバイザー 田中輝彦

京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL:075-721-0880

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お伺いします
和歌山城

1昨年秋に和歌山市にお住いのK様から、メールをいただきましyた。最近、結婚式やパーティーに招かれることが多くなり、その時に着ていくべき礼服が若い時に買った...

マスコミで紹介される
イメージ

切り絵作家の「成田一徹」師が京都新聞社の記者さんと一緒に直接取材に来られました。師が取材の中で感じられたことを版画に表し、文を書いてられます。お抱えの...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
田中 輝彦(たなか てるひこ)さん

フルオーダーメイドだから、どんな体型でも最高の着心地に(1/3)

 「人の体型は職種や長年の癖によって違ってあたりまえ。既製品やイージーオーダーでは叶わないその人だけの着心地を追求するフルオーダーメイドの良さを、ぜひ知っていただきたいですね」と田中輝彦さん。 「同じスーツでも『スッキリと細身にキメたい...

田中輝彦プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

体に合わせた自然なスタイルを、フルオーダースーツで創ります!

店名 : お誂え洋服たなか
住所 : 京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL : 075-721-0880

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-721-0880

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ポッコリお腹も目立たないジーンズが穿けました。

若い頃から穿いていたジーンズ。 中年になってご多分に漏れず...

京都・尾崎様
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コラムをテーマーごとに纏めました。

お蔭様で私が書いたコラム数も120を越えました。フルオーダーに拘って、主にメンズのオーダースーツやジャケ...

[ コラムのテーマーについて ]

フルオーダーとイージーオーダー。 自分に合ったオーダーを選ぼう!
裁断、型紙

選んだ生地からスーツやジャケットに仕立てる(縫製)ことをオーダーメイドと言います。従って同じ生地を選んで...

[ オーダースーツのいい話し ]

障がい者の礼服を着て、愛する娘とバージンロード一緒に歩きたい。
イメージ

子供の結婚式は、世の親としては最大の行事であって、親として責任を果たした瞬間であります。親として、子供の...

[ 車椅子ユーザーのフォーマルウエア ]

学長、校長先生の式典での服装
イメージ

センター試験も終わり、受験生たちは目指す大学に合格出来ることを祈り願っているところだと思います。また、一...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

急な通夜に何を着て行けばよいのか?通夜、葬儀の服装やマナー
イメージ

一般的には男性は礼装用の黒またはダークスーツ。女性は黒またはダークブルーのスーツ、ワンピース、アンサンブ...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ