コラム

 公開日: 2017-02-05  最終更新日: 2017-02-06

オシャレと年齢

スーツ新調のご注文

先日お客様から110年ぶりにスーツのご注文のお電話をいただきました。
「少し、痩せたから新しいスーツを創ってください。そして今着ている服もすこし縮めてください」との事です。

早速、着分生地やパンチ見本などを持参しました。
その中から、縞の紺色、それも少し明るい目のしっかりした縞柄です。
年恰好からして、少し派手目かなと思われる柄行です。

歳を経るごとに、生気が落ちることは否めませんので、私はいつも年齢を重ねるごとに派手目、明るい色柄をお勧めしています。
まさに、この方はそれを実行されているわけです。

歳を聞いて、びっくり!

私 「ところでおいくつになられました?」
お客様 「3月に86歳になる」
私 「えっ・・・・・・・!」

私 {お仕事は?」
お客様 「まだまだ辞めさせてくれんのや・・・ まだ人と会うこともあるし、夜も出かけるからな・・・!」
夜も・・・!  恐れ入りました・・・!

スーツは着易くゆっくりと・・・

65キロほどあった体重が50キロそこそこにまでやせられたのです。
しかし、若者のように身体にぴったりとした服は、窮屈感があり着にくいものです。
お年寄りの服は、少しゆとりを多めにとってアームホールも少し大きく、袖通しが楽なように創らなければなりません。
そうすることによって、痩せて貧弱になった体を、少しでも大きく貫録のあるようにみせます。

身体に合わせるだけが、オーダーではありません。その方の生活パターン、年齢にあった服創りがテーラーに求められているのです。

人の三欲

人には三つの欲があると言われています。

食欲: まさに食べること。 グルメに拘る人もいますし、食欲がなくなって食べられなれば死があるだけです。

物欲: 物、物質をほしがる。 車がほしい、家がほしい、そして名誉がほしい、偉くなりたい。

性欲: セックスです。 子孫繁栄のための交わり、唯々H がしたい! 
     そしておしゃれ心、色欲も性欲の1種です。

このオシャレ心を疎かにしたり、忘れると、人は極端に老け込みます。老人ボケ、痴呆への坂道を駆け落ちていきますよ。
下着1枚にも気を配り、清潔にオシャレ心を忘れずに過ごしていただきたいと常日頃思っています。
女性が男性よりも長生きなのは、いつも本能的にオシャレ心を抱いているからではないでしょうか。


日野原重明先生

日野原重明医師
1911年生まれの106歳 聖路加国際病院名誉院長 
ご存じの日本で一番高齢の現役のお医者さんです。

その、日野原先生の10の健康法のなかで、オシャレについてもおっしゃっておられます。
洋服は、自分で購入。 服を選ぶことは楽しくなる。 歩き方まで変わる。

歳をとってもオシャレ心を忘れずにしていただきたいと思います。
パジャマ姿で、1日中、テレビの前に座っていたらボケますよ。オシャレをして街に出かけましょう。

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

お誂え洋服たなか [ホームページ]

ファッションアドバイザー 田中輝彦

京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL:075-721-0880

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お伺いします
和歌山城

1昨年秋に和歌山市にお住いのK様から、メールをいただきましyた。最近、結婚式やパーティーに招かれることが多くなり、その時に着ていくべき礼服が若い時に買った...

マスコミで紹介される
イメージ

切り絵作家の「成田一徹」師が京都新聞社の記者さんと一緒に直接取材に来られました。師が取材の中で感じられたことを版画に表し、文を書いてられます。お抱えの...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
田中 輝彦(たなか てるひこ)さん

フルオーダーメイドだから、どんな体型でも最高の着心地に(1/3)

 「人の体型は職種や長年の癖によって違ってあたりまえ。既製品やイージーオーダーでは叶わないその人だけの着心地を追求するフルオーダーメイドの良さを、ぜひ知っていただきたいですね」と田中輝彦さん。 「同じスーツでも『スッキリと細身にキメたい...

田中輝彦プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

体に合わせた自然なスタイルを、フルオーダースーツで創ります!

店名 : お誂え洋服たなか
住所 : 京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL : 075-721-0880

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-721-0880

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

入学式に晴着を着た様子が最高でした。

生まれながらの障がいを持っている双子の姉妹です。 二人とも...

大阪のIY
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コラムをテーマーごとに纏めました。

お蔭様で私が書いたコラム数も120を越えました。フルオーダーに拘って、主にメンズのオーダースーツやジャケ...

[ コラムのテーマーについて ]

クールビズを快適なサマースーツで
キッドモヘア60&スーパー100

「クールビズは嫌いだ!」と言う、フレーズの広告が載っていました。オフィスなどで軽装のノーネクタイ、ノ...

[ クールビズの服装にひと言 ]

急な通夜に何を着て行けばよいのか?通夜、葬儀の服装やマナー
イメージ

一般的には男性は礼装用の黒またはダークスーツ。女性は黒またはダークブルーのスーツ、ワンピース、アンサンブ...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

オーダーメイドスーツで使用するイギリスの生地とイタリアの生地の違い & ミルとマーチャントの違い
イメージ

 ミルとマーチャント オーダーメイドスーツ地のブランドは、ミル、マーチャント、ライセンスの大きく3つに分類...

[ 世界のテキスタイル ガイド ]

最適な車椅子ユーザーの礼服、ディレクタースーツ。
イメージ

 長男の結婚式にそれに見合った礼服をを着たい! このようなときのもっとも適した礼服は「ディレクタースー...

[ 車椅子ユーザーのフォーマルウエア ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ