コラム

 公開日: 2017-05-31  最終更新日: 2017-09-10

障がい者の服創りに思う事


ポリオ(急性灰白骨髄炎)のスーツ

それは、私がまだ見習いの頃(1968年)、父がお客様の次男の方のスーツの注文を頂いてきました。
就職が決まったので、新しくスーツを創りたいとのことです。

その方は、私とほぼ同年代で、子供のころに、ポリオ(灰白骨髄炎)に罹られて、右上半身の発達が遅れ、上半身の左右差が大きく、右腕もほぼ動かない状態です。真上から見た体型が卵を横にしたような左胸と右胸の厚みが異なっていました。

当時父は、脊髄を中心に左右別々に採寸して、肩幅、胸幅、背幅、アームホール、袖丈袖周り、すべて個々に裁断してました。
しかし、その差寸をそのまま洋服に仕上げてしまったら、不格好でアンバランスなものが出来上がります。
そこで、登場するのがマニプレーション技法です。
縫い目線、切り替え線を利用して左右差を付け、パットや芯創りで出来るだけ左右のバランスの良い服を創るのです。

本来のフルハンドメイドスーツ

本来ハンドメイドと言っても、すべての縫い目を手縫い(グシ縫い)ですることではありません。
お客様ユーザーのひとり一人の身体に沿った動きやすい創るために、裁断(製図)でマニプレーションを施し、縫製では大きな縫い目線はミシンでしっかりと縫い、身体の丸いところなどは、グシ縫いでいせたり、コテ(アイロン)使いでクセ取りをしたりして、立体的なバランスの良いスーツを創っていくのです。

人の身体は、必ず左右の差があります。また前後差、傾斜度など・・・
それが大きいか、少ないかの差です。極論を言えば、左右対称の身体などあり得ないのです。
その考えを(コンセプト)元に私たちは服創りをしています。


障がい者の服創りついて

私の兄弟子もポリオを罹患していました。
歩行が少し困難で、片足をいつも少し引きずって歩いています。
また、業界の先輩の中にも、松葉杖を使用している方も居られ、身体に障がいを持っている方がたはいつも身近に存在していました。

その後上記のお客様とは、定年までお付き合いさせていただき、歳を重ねるごとにに変わって行かれるお身体(肥えられる)に合わせた服を創ってきました。その他、くる病(V・ユーゴのノートルダム・ド・パリ)の方のスーツも数多く創りました。

身体に障がいのある方は、どうしても動きがぎこちないですので、着脱重視の方向でデザインをしています。

車いすユーザーのスーツ創り

その方にお会いしたとき最初ににお聞きすることは、「トイレ」排泄の事です。
導尿管を使用か?レッグバッグの位置は?又はおしめなのか?または?です。
すべてそこから服創りを考えなければなりません。

車いすユーザーは基本座位で生活されいています。
一般的なスーツは立居を基本に製図されています。
従って自ずと導線が違ってきます。

立ってきれいな線が、座ったら醜いしわとなって現れたり、立ってバランスの良い上着丈でも座るとやたら長かったり、衿が後ろに覗いたりします。

座って、バランスの良い上着。胸のVゾーンの治まり具合。座っても引き攣らないヒップ周り。足台とズボン丈のバランス。
車いすの車輪との関係。腕の上げ下ろしの度合い。アームホールの大きさ。
ヘルパーと必要度などに合わせた服創りをしています。

ご自分で着脱が困難な方には、背縫い線を大きくファスナーで開閉できるように・・・
カッターシャツも背中を開けました。
スラックスも脇縫い目線を大きく開閉できるようにしました。

ちなみに、父も1986年10月に脳内出血を患い、左半身機能マヒの状態なりました。
その後、リハビリを行ってきましたが、回復することなく2009年に亡くなるまで車いす生活を送っていました。
その介護の経験も生かして、車いすユーザーの服創りをしています。

[障がいのある方が着易く、着せ易くかっこいい服創りをしています http://www.oatsuraetanaka.com/handicap.html]]
















脇縫い目線をファスナーを取り付けました。

ウエディングドレス

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

お誂え洋服たなか [ホームページ]

ファッションアドバイザー 田中輝彦

京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL:075-721-0880

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お伺いします
和歌山城

1昨年秋に和歌山市にお住いのK様から、メールをいただきましyた。最近、結婚式やパーティーに招かれることが多くなり、その時に着ていくべき礼服が若い時に買った...

マスコミで紹介される
イメージ

切り絵作家の「成田一徹」師が京都新聞社の記者さんと一緒に直接取材に来られました。師が取材の中で感じられたことを版画に表し、文を書いてられます。お抱えの...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
田中 輝彦(たなか てるひこ)さん

フルオーダーメイドだから、どんな体型でも最高の着心地に(1/3)

 「人の体型は職種や長年の癖によって違ってあたりまえ。既製品やイージーオーダーでは叶わないその人だけの着心地を追求するフルオーダーメイドの良さを、ぜひ知っていただきたいですね」と田中輝彦さん。 「同じスーツでも『スッキリと細身にキメたい...

田中輝彦プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

体に合わせた自然なスタイルを、フルオーダースーツで創ります!

店名 : お誂え洋服たなか
住所 : 京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL : 075-721-0880

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-721-0880

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

仕事が休みの日に合わせて、仮縫いに来ていただきました。

ハンドメイドは仮縫いと言う手段があることが大切だというこ...

T高橋
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コラムをテーマーごとに纏めました。
イメージ

お蔭様で私が書いたコラム数も130を越えました。フルオーダーに拘って、主にメンズのオーダースーツやジャケ...

[ コラムのテーマーについて ]

オーダースーツ展示会の企画とご案内
ハートンホテル京都

 弊社では展示会を年3回催しています。 「京都クリエーティブ・ファッション・クラブ」 KYOTO CREATIVE...

[ 展示会のご案内 ]

着なくなった大島紬の着物をワンピースにしました。
イメージ

 着物地のオートクチュール 私どもではメンズのハンドメイドの洋服創りは基よりレディスのハンドメイド(...

[ 蘇る、フルオーダーのリメイク・リフォーム ]

お父さんの車いす仕様のフォーマルスーツ
イメージ

 家族全員最後まで、楽しく幸せな時間でした この度は、父に立派なスーツを仕立てて頂き誠にありがとうご...

[ 車椅子ユーザーのフォーマルウエア ]

勲5等瑞宝双光章の授章には何を着て行けばよいのか?
イメージ

 勲5等瑞宝双光章 「田中さん、えらいこっちゃ!(家内が叙勲されることになり、夫婦揃って宮内庁までお越...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ