コラム

 公開日: 2013-05-09  最終更新日: 2015-08-25

フォーマルスーツの昼用、夜用

フォーマルスーツにはご存知のように昼用と夜用があります。



以前はフロックコートが第一正装でしたが、いつの間にかその座をモーニングコートやイブニングドレスに代わってきました。
今では結婚式に新郎が貸衣装のフロックコートを着ている姿を時々見かけるぐらいです。

モーニングコート

http://www.oatsuraetanaka.com/morning.html
フロックコートのスカート(ころも:腰から下のなぎ外部分)の前部分を乗馬のときに前裾が邪魔でカットしたもので「カットアウエイフロック」とも呼ばれます。



昼間の第一正装で色は基本黒色。

着用者 : 受賞者、新郎、父、親族、仲人、先生、喪主

着用シーン : 叙勲(重光章以下)、結婚式、園遊会や公式の会合
        各種学校の総長、学長、校長が入学式、卒業式に着用する。
        
注 : 葬式(昼間の正礼装で有るからして、通夜には喪主といえど着用しない)

上衣 : シングル1つボタン。ピークドラベル

ベスト : 慶事にはオフホァイトやベージュ、クリーム(ダブルorシングル)
      上衣と共地にする場合はホァイトベストのイメージに、衿に白い付け衿を付ける。
      従って、弔事には白襟を外す。

ズボン : 縞ズボン(コールズボン)裾はシングル

※ 喪主が通夜に着用してはいけない理由として、モーニングコートは(昼間)の正装であるからして、通夜(夜間)には当然着用できないのであります。

アスコットモーニング

イギリスのアスコット競馬を見に行くときに着ていたので呼ばれるようになった
主にグレーの色の上着、ベスト、ズボンすべて同じ生地で作っています。縞ズボンは着用しない。

ホワイトモーニング

新郎だけが(1回だけ)着用を許されていますが、何回も着る強者もいるようです・・・!


ディレクタースーツ

http://www.oatsuraetanaka.com/director.html
昼間の第二礼装
モーニングに次ぐ礼装でコーディネートもモーニングと同じようにすればよい。



結婚式や披露宴などの列席者が着用します。
※弔事には近親者が着用することもあります。

色は黒or限りなく黒に近い紺又はグレー

上衣 : モーニングの背広型シングルorダブルブレスト
     衿はピークドラベル

ベスト : 上着がシングルの場合は共地orオフホァイト、ベージュ、シルバーグレー。シングルorダブル

ズボン : 縞(コールズボン)

※ブラックスーツの上着にホァイトベストとコールズボンを用意するだけでディレクタースーツとして利用できます。

●昼間の礼服は夏場で18;00、冬場で17;00まで着用が許されています。


燕尾服

(テールコートorドレスコート)
http://www.oatsuraetanaka.com/tailcoat.html
現在の昼夜を問わず最高の正装であり、夜の第一礼装


大綬章以上の叙勲の授与式に着用を定められています。(総理府告示勲章等着用規定)
公式晩餐会、格調高い披露宴、パーティー(公式のダンス競技会も含む)に着用します。

※オーケストラの指揮者やメンバーも燕尾服を着用していますが、これは観客に最高の礼を尽くして演奏しますという意味あいがあります。

上衣 : 黒色。 襟はピークドラベルにフェーシング(拝絹)をかぶせる。
     但し、指揮者やパーティーなどでは濃紺を着ることもあります。

ベスト : 白のドレスベスト(襟付き)。 絹地or綿ピケ

シャツ : 白のドレスシャツ、イカ胸で襟はウィングカラー(立襟)ダブルカフス

ネクタイ : 白の蝶ネクタイ(ドレスコードはホワイトタイ着用)

ズボン : 上着と共地、両脇にブレードを2本つける

コーディネートは白で統一する。


タキシード

(英・ディナージャケット)
http://www.oatsuraetanaka.com/tuxedo.html
夜間の正装 
夜の宴会、披露宴、パーティーに着用
(注)昼間の結婚式には着用しない。(昼間の披露宴は可)



上衣 : 黒または濃紺の背広型
     襟はピークドラベル(英国風)ショールカラー(アメリカ風・へちま襟)にフェーシング(拝絹)を被せる。

ベスト : 共地でシングルorダブル、ドレスベストVゾーンの大きく開いて釦の間隔が狭いものまたは拝絹と同じ生地でカマーバンド(腹帯)を用いる

    上衣がダブルの場合はベストは無しでもよい。

シャツ : 白のドレスシャツ、イカ胸orヒダ胸、衿はウイングカラー(立襟)or折襟、ダブルカフス

ネクタイ : 黒蝶ネクタイ(ドレスコードはブラックタイ着用)
(注)白蝶タイはパーティー会場でのウエイターと間違われます。

ズボン : 上衣と共地、両脇にブレード(絹のヘリ)を1本付ける


ファンシー・ディナージャケット

 ズボンは黒。 上衣、カマーバンドを色を変えます。
(注、花婿さんが上下を白などの色を着るのは、単なる貸衣装で正式にはタブーです)

メスジャケット

燕尾服のテール部分を取ってしまったような短い上衣です。
ズボンはもちろん黒。
いずれも、礼装の格は落ちます。

ブラックスーツ(ダークスーツ)

http://www.oatsuraetanaka.com/blacksuit.html
オールマイティーの礼服

黒(日本国内に限る)または、限りなく黒に近い紺orグレー
欧米では黒はオシャレな日常服ですので、礼装とは認められていません。

ドレスコードで「平服」と指定されていればこの服を着ます。

シングルブレスト・ベスト付orダブルブレスト
シングルの場合のフロントボタンは1ツ掛けで拝み釦をお勧めします。
お祝いにはオフホワイトのベストが礼装を引き立てます。

ダブルの場合はVゾーンを小さく、6ボタン2ツ掛けがいずれも格調高く見えます。

靴 (忘れがちな必須アイテム)

靴は色が黒ければどのような靴でも良いかと言うと、そうではありません。

昼間の靴は基本的には紐結びのストレートチップのキッド、カーフ。ドレッシーなプレトーンのスリッポンもOKです。
夜には、エナメルのプレトーンパンプスと決められています。

極端にコバの出ている物やモカシン、靴の甲に飾りのある物はタブーです。

Vゾーンのオシャレ

ブラックスーツ(ダークスーツ)を着るシーンは周りも同じ黒。
白のシャツに白のネクタイ・・・時には悍ましい雰囲気にもなります。

シャツの白は当然のことですが、せめてネクタイでオシャレをしてみませんか!
お祝いではピンク、ベージュも良し、私はオシャレっぽい縞を付けています。

筆者は、弔事では黒の刺繍、黒の折柄を使っています。

■黒色の略礼装は日本国内だけと心得てください。(黒紋付きに由来!)和装の黒紋付羽織袴のように、我が国では古来より黒は厳粛な意味合を持っていますので、スーツも黒色が礼服(略礼服)として扱われているわけです。
このことから、黒の略礼服は日本独自(日本の文化)と考えればよいのではと思っています。

欧米では黒色は普段着に着ます。
少し、改まった席では紺orグレーの濃い色を着るようです。(礼装としてでなく)

■海外で改まった席に出席されることがある方はタキシードは必須アイテムです。
(晩餐会、パーティー、格調高いホテルのディナー、格式高いカジノ、外洋航路のパーティーなど)
http://www.oatsuraetanaka.com/tuxedo.html

礼服を着るシーン

礼服を着るシーンは周りも同じような黒の礼服です。
そのなかで、自分を引き立たせるのは、生地の質の良しあし、黒の色艶、仕立が良いか、身体にフィットしたオーダメイドなのか、だれの目にもはっきり区別が付くところです。

出来るあなたを印象づけます。

礼服を購入されるときは、日常服を求められる予算の2~3割上の予算をされることをお勧めします。
1年に何回着るかわからないのに良いものは必要ないと思われる方は、ご勝手にされればよい・・・!

弊社では礼服地の仕入には特に気を配り、問屋商社と特別に契約をしておりますので、1ランク、2ランク上の生地をリーズナブルなプライスでご提供しております。


■関連コラムはこちらをご覧ください
http://mbp-kyoto.com/order-suit/column/5349/
http://mbp-kyoto.com/order-suit/column/5271/
http://mbp-kyoto.com/order-suit/column/5029/

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

お誂え洋服たなか [ホームページ]

ファッションアドバイザー 田中輝彦

京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL:075-721-0880

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お伺いします
和歌山城

1昨年秋に和歌山市にお住いのK様から、メールをいただきましyた。最近、結婚式やパーティーに招かれることが多くなり、その時に着ていくべき礼服が若い時に買った...

マスコミで紹介される
イメージ

切り絵作家の「成田一徹」師が京都新聞社の記者さんと一緒に直接取材に来られました。師が取材の中で感じられたことを版画に表し、文を書いてられます。お抱えの...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
田中 輝彦(たなか てるひこ)さん

フルオーダーメイドだから、どんな体型でも最高の着心地に(1/3)

 「人の体型は職種や長年の癖によって違ってあたりまえ。既製品やイージーオーダーでは叶わないその人だけの着心地を追求するフルオーダーメイドの良さを、ぜひ知っていただきたいですね」と田中輝彦さん。 「同じスーツでも『スッキリと細身にキメたい...

田中輝彦プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

体に合わせた自然なスタイルを、フルオーダースーツで創ります!

店名 : お誂え洋服たなか
住所 : 京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL : 075-721-0880

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-721-0880

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

入学式に晴着を着た様子が最高でした。

生まれながらの障がいを持っている双子の姉妹です。 二人とも...

大阪のIY
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コラムをテーマーごとに纏めました。

お蔭様で私が書いたコラム数も120を越えました。フルオーダーに拘って、主にメンズのオーダースーツやジャケ...

[ コラムのテーマーについて ]

フルオーダーとイージーオーダー。 自分に合ったオーダーを選ぼう!
裁断、型紙

選んだ生地からスーツやジャケットに仕立てる(縫製)ことをオーダーメイドと言います。従って同じ生地を選んで...

[ オーダースーツのいい話し ]

障がい者の礼服を着て、愛する娘とバージンロード一緒に歩きたい。
イメージ

子供の結婚式は、世の親としては最大の行事であって、親として責任を果たした瞬間であります。親として、子供の...

[ 車椅子ユーザーのフォーマルウエア ]

学長、校長先生の式典での服装
イメージ

センター試験も終わり、受験生たちは目指す大学に合格出来ることを祈り願っているところだと思います。また、一...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

急な通夜に何を着て行けばよいのか?通夜、葬儀の服装やマナー
イメージ

一般的には男性は礼装用の黒またはダークスーツ。女性は黒またはダークブルーのスーツ、ワンピース、アンサンブ...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ