コラム

 公開日: 2013-05-27  最終更新日: 2014-07-03

ハンドメイドスーツの注文から納品まで

オーダーメイドのスーツやジャケットを新調するにあたって、生地選びから仕上がり納品までを順を追って紹介します。

ご注文

電話・ファックス(075-721-0880)または弊社ホームページのお問い合わせフォームでお好みの生地や採寸の日時、場所(ご自宅・職場にお伺いいたします)など、またはご来店の旨をお知らせください。

生地の選択

世界的に有名なスキャーバル、ダンヒル、ドーメル、ホーランドシェリー、エルメネジルドゼニアなどインポートの生地。
弊社オリジナルの生地や特にお勧めの商品など
各シーズンに合わせた着分カットした生地を100点余。

生地ブランドマーク

他にそれぞれのメーカーのパンチ見本の中から素材、お好みの色柄、シチュエーションそしてご予算に合わせてお選びください。

仮縫付お仕立上り  140,000円~(本体価格)

デザイン&オプション

フォーマルからカジュアルまで、シングル、ダブル、衿型・ボタン・裏地そしてポケットの形状やベントなど思いのまま。
あなたのご希望を主張してください。

採寸

信頼関係を大切に、お客様とお話ししながら、お身体を観察、体型把握をします。

一般的なメジャー(150㎝/60㌅)のほか、鳩型メジャーなどのゲージ用具を使い、身体を八つに分けて、上下、左右、前後ろ、屈伸の寸法とねじれの度合い、バランスなどを確認します。

全身の20か所以上を採寸します。

裁断(カッティング)

お客様のご希望のデザイン、オプションと採寸した寸法と体型に添ってマニプレーションを施した立体化した型紙(設計図)を作成します。

型崩れを防ぐために、生地をプレス(縮絨)、生地の布目を整え、毛並みを確認、柄を合わせて、その上に型紙を置きます。

そして、置いた型紙沿ってチャコ(チョーク)で準え、その上を裁ちバサミで裁断をします。

テーラーが最大限に神経を集中させる行程です。

この型紙は、お客様のカルテとして永久保存します。
2着目からのご注文にはこのカルテをもとに裁断をします。

また、体型やサイズが変わられた時には、その都度型紙カルテを修正しています。

仮縫い

「仮縫い」はフルハンドメイドならではの【もっとも重要な工程です】

仮縫い

裁断された生地を、仕付け糸でデザイン・シルエット・寸法が全く同じように「仮に仕上げます」

お客様に試着していただき、デザイン・寸法・シルエットを確認。

最初は左右対称に仕上げていますので、試着することにより各々の箇所に於いてしわ、たるみ、前後左右の捻じれや傾斜などをチェックして、度合いに合わせてゆとりを加味し、出来るだけ正体に見えるようにピン打ちをします。

体型変化の大きい方や車椅子仕様のスーツなどはもう一度仮縫いをする「中仮縫い」をすることもあります。

※この時にデザイン・オプションなどを最終確認します。
変更などをご希望され場合はこの時にお願いいたします。

仮縫いについて詳しく解説しています。

補正

仮縫いを済ませたスーツをパーツ毎に解いて、ピン打ち、チェックをした個所を確認します。
そしてその分量に合わせて、より精密なマニプレーションで立体的になるようチャコで描いていきます。

マニプレーション

これこそが、フルハンドメイドテーラーの真骨頂です。

オンリーワン
お客様の「この1着」のご希望に添えるよう、大切な工程です。

本縫い(ハンドメイドによる縫製)

熟練の職人が1着324工程のほとんどを一針一針手縫いで縫製します。

【芯】
全行程の中でも最も重要なのが、芯作りです。

獣毛(羊の雑毛)で出来た毛芯に、バス芯と言って馬の毛を使った張りのある芯と、胸の部分に弾力性を保つためにフェルト芯を固定して、「八刺し」(八の字に約1600針)を行い、その糸の締め具合で芯全体を立体的に作り、服全体のボリューム感を付ける重要な作業です。

特に、ラベル部分には張りのある、ウール綿混紡の裏地にも使用できるアルパカを這わせて八刺しを行います。
返衿線がロール状に膨らみ、第一ボタンで止まり、そこからフォロントにかけて優美な意匠線を産み出すのです。

※決して、接着芯は使いません。

【手まつり】
肩や裾、袖、アームホールなどスラックスでは裾や腰裏など表地と裏地がなじむように、手作業でまつり付けます。

ミシン縫製と違い、糸の締めつけ加減の強弱で着やすい服を創ります。

【ボタン&穴カガリ】
ボタンは本ナットや水牛などを使い、麻糸でしっかり手縫い付けますから、何かの拍子に釦が痛んでも糸は解けません。
また、穴カガリも手縫いで一目一目留めながら作っていきますから、機械穴のように一か所切れると穴全体が解けるようなことはありません。

ただ、手縫いですから、機械のようにきれいに揃えることが難しいです。

コテ操作(アイロン使い)

縫製現場ではいろいろな大きさのアイロンを使います。

平均的には5㍀(2.3㌔)~7㍀(3.2㌔)時には10㍀(4.5㌔)の大きなアイロンで平らな生地を身体の部分に合わせ、伸ばしたり、いせ込んだりして身体に添った立体的な服に仕上げて行くのです。

このコテ操作が一枚の生地を洋服と言う立体的な物に息吹きを与える大変大事な仕事です。
職人の腕の見せ所のひとつです。

様々な工程を経て、最後の仕上げプレスをして仕上がりです。

スーツ1着仕上げるのに要する時間は、本縫いだけで60~80時間、1週間~10日間掛かって丁寧に仕上げています。

アイロン

完成、納品

ご注文をいただいてから、約1ヶ月
お客様のニーズにお応え出来たか、左右のバランスは良いかなどを確認。

あなただけのオリジナルのオンリーワンのオーダーメイドスーツの出来上がりです。

アフターフォロー

弊社では納品後のアフターフォローは3年以内無料です。
(但し、体型変化によるサイズ変更やカケツギ、しみ抜き、破れは実費をお願いします)

弊社のスーツは、体重が5キロ程度増減された場合でも、調整できるように縫製していますので、お気軽にお問い合わせください。

私どものハンドメイドオーダースーツは永年に亘ってご愛用いただけるように創っています。
その洋服が存在する限り、お付き合いさせていただいています。


※関連記事はこちらをご覧ください
弊社ホームページにも詳しく載せています。

フルオーダーとイージーオーダーの違い

仮縫い着せ付け

結局ハンデメイドはお得!

◆ハンドメイドにこだわったフルオーダーであなただけの特別な一着を仕立ててみませんか?
訪問販売も承っております。
京都・大阪・神戸など関西エリアだけでなく全国一円にお伺いしますので
お気軽にご相談ください!

紳士服のフルオーダーメード専門 お誂え洋服たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880
ordertnk@crest.ocn.ne.jp












あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

お誂え洋服たなか [ホームページ]

ファッションアドバイザー 田中輝彦

京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL:075-721-0880

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お伺いします
和歌山城

1昨年秋に和歌山市にお住いのK様から、メールをいただきましyた。最近、結婚式やパーティーに招かれることが多くなり、その時に着ていくべき礼服が若い時に買った...

マスコミで紹介される
イメージ

切り絵作家の「成田一徹」師が京都新聞社の記者さんと一緒に直接取材に来られました。師が取材の中で感じられたことを版画に表し、文を書いてられます。お抱えの...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
田中 輝彦(たなか てるひこ)さん

フルオーダーメイドだから、どんな体型でも最高の着心地に(1/3)

 「人の体型は職種や長年の癖によって違ってあたりまえ。既製品やイージーオーダーでは叶わないその人だけの着心地を追求するフルオーダーメイドの良さを、ぜひ知っていただきたいですね」と田中輝彦さん。 「同じスーツでも『スッキリと細身にキメたい...

田中輝彦プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

体に合わせた自然なスタイルを、フルオーダースーツで創ります!

店名 : お誂え洋服たなか
住所 : 京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL : 075-721-0880

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-721-0880

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遠い所まで足を運んでくれてました。洋服やさんが生地を担いで自宅に来てくれました。

仕事の関係で彦根市に転勤になり、これを機会に実家のある能...

T.高橋
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コラムをテーマーごとに纏めました。

お蔭様で私が書いたコラム数も120を越えました。フルオーダーに拘って、主にメンズのオーダースーツやジャケ...

[ コラムのテーマーについて ]

フルオーダーとイージーオーダー。 自分に合ったオーダーを選ぼう!
裁断、型紙

選んだ生地からスーツやジャケットに仕立てる(縫製)ことをオーダーメイドと言います。従って同じ生地を選んで...

[ オーダースーツのいい話し ]

障がい者の礼服を着て、愛する娘とバージンロード一緒に歩きたい。
イメージ

子供の結婚式は、世の親としては最大の行事であって、親として責任を果たした瞬間であります。親として、子供の...

[ 車椅子ユーザーのフォーマルウエア ]

学長、校長先生の式典での服装
イメージ

センター試験も終わり、受験生たちは目指す大学に合格出来ることを祈り願っているところだと思います。また、一...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

急な通夜に何を着て行けばよいのか?通夜、葬儀の服装やマナー
イメージ

一般的には男性は礼装用の黒またはダークスーツ。女性は黒またはダークブルーのスーツ、ワンピース、アンサンブ...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ