コラム

 公開日: 2013-10-15  最終更新日: 2015-08-26

急な通夜に何を着て行けばよいのか?通夜、葬儀の服装やマナー


一般的には男性は礼装用の黒またはダークスーツ。女性は黒またはダークブルーのスーツ、ワンピース、アンサンブルで弔問にお伺いします。

通夜(お通夜)とは

お通夜は、葬儀の前夜、故人の遺族や近親者が死者の魂と寄り添いながら、邪霊の侵入を防ぐために親しい人々が集まって別れを惜しみ一夜を過ごす行事です。
一説には、現在のように死亡判定が厳格でなかったころの、死の確認の意味合いもから通夜を行なったとも言われています。

一般的な通夜は、通夜儀式の後、遺族、近親者で会食(通夜ぶるまい)があり、そしてその後一晩中寝ないで、近親者が故人に寄り添い、ろうそくとお線香を絶やさないように灯し続けるのです。

しかし最近の通夜儀式は1~2時間ほどで執り行う式に変わり、故人の親しい友人、知人や仕事関係の一般会葬者も多く参列されています。
時に、通夜儀式の時間に間に合わなかった場合は、お断りをして上でですが、故人の枕元にお参りをすることは許されます。
ただ、葬儀会場での場合は、会場が閉まっていることがありますので、お参りすることは叶わないかもしれません。


通夜はどのような服装で参列すればよいのか。

人の死は、突然にやってきます。
そして、その訃報を聞いて直ちに駆けつけるという意味で、「平服」で弔問されてよいのです。

本来、通夜の服装は平服が正しいと言われていました。
それは、「喪服を用意していた=死を待っていた」と、思われないように意味合いがあります。

従って、地味なスーツであれば通夜に参列しても構いません。
筆者の知人の通夜では、故人の会社の工員の方々が、その仕事着で参列されていました。



葬儀、葬式の服装

葬式・葬儀・告別式には、喪服、礼服またはそれに準じた服装を着用して参列してください。
これは、葬儀・告別式は前以て時間などが知らされているため、弔問にはその服装の準備ができるはずからです。

故人との関係が深ければ深い程、通夜と葬式・葬儀・告別式両方に参列しますが、都合で葬儀・告別式に参列できない代わりに通夜だけに弔問してもそれは構いません。

この場合、葬儀・告別式に参列できない代わりに、弔意を表す意味で喪服、礼服を着用して通夜に弔問します。
そういう意味から、最近は通夜にも喪服、礼服に準ずる平服として礼装用のブラックスーツやダークスーツで弔問される方が多く居られます。

※欧米では「ブラックスーツは平常服」(平服)として扱われています。

なお、葬儀・告別式だけの弔問もOKです。

通夜、葬式での服装チャートとタブー


喪主は葬儀・告別式ではモーニングまたはそれに準ずる礼装を着用します。
しかし、通夜には平服(ブラックスーツ)を着用します。
このことは、「モーニングは昼間の正礼装」であって、夜に行われる通夜には着てはいけないということです。
モーニング、ブラックスーツのいずれの場合でも故人に弔意を表す意味で、質素な服装を心がけてください。

弔問には遺族に配慮した質素な服装をしてください。
● 上着の胸ポケットには「ハンカチは入れない。」
● カッターシャツは「白無地。」
● ボタンダウンのような「変わり襟はマナー違反です。」
平服だからと言っての許される事ではありませんので、くれぐれも注意してください。
● ネクタイは「黒、(無地または黒地の柄物)」
● 金時計なども「外してください。」
● スラックスのバックルも目立たないものにしてください。「爬虫類などはタブーです。」
● 「ジュエリーは付けない。」ネクタイピンも付けないでください。

● 女性の場合は素肌を出来るだけ隠し、ノースリーブ、極端に短い袖や襟が大きく開いたものは避けてください。
● スカート丈は長め。ストッキングも黒または黒に近いものを穿いてください。 
  素足はマナー違反も甚だしいです。
● ジュエリーも結婚指輪とオニキスか白黒の真珠の一連のネックレス、イヤーリング程度です。
● 女性のハンドバックも黒色の布製またはバックスキン。黒のエナメルやトカゲはタブーです。

● 靴は派手な飾りの付いたものやブーツ、モカシン、サンダル、ミュールなどはタブーです。
● 毛皮、革のコートや襟にファーをあしらったものは、「殺生をして作ったものとして意味嫌われています。」
従って、これらの物は黒色だからと言っても「結婚式にも着用してはできません。」

音にも気配りを・・・!

通夜、葬儀会場では僧侶の読経が静かに流れています。
その厳粛な雰囲気を壊す「コツコツ」した靴音は、故人遺族を侮辱することになります。
出来るだけ静かに音を立てないように歩いてください。

故人を偲び、しめやかな心で遺族に接し、お悔やみの言葉を掛けましょう。それも短めに・・・

※ 紳士の必須アイテムとして「ブラックスーツ」はいつでも着られる状態に・・・!
ブラックスーツについてはこちらにも詳しく解説しています。
フォーマルウエアに関してのタブーはこちらに解説しています

あなただけの一着を仕立ててみませんか?

ハンドメイドに拘った、フルオーダーであなただけのオリジナルな一着を創ります。
訪問販売も承っております。
京都ほか関西エリアだけでなく全国一円にお伺いします。
お気軽にご相談ください!

お誂え洋服 たなか
京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2
075-721-0880

この記事を書いたプロ

お誂え洋服たなか [ホームページ]

ファッションアドバイザー 田中輝彦

京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL:075-721-0880

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お伺いします
和歌山城

1昨年秋に和歌山市にお住いのK様から、メールをいただきましyた。最近、結婚式やパーティーに招かれることが多くなり、その時に着ていくべき礼服が若い時に買った...

マスコミで紹介される
イメージ

切り絵作家の「成田一徹」師が京都新聞社の記者さんと一緒に直接取材に来られました。師が取材の中で感じられたことを版画に表し、文を書いてられます。お抱えの...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
田中 輝彦(たなか てるひこ)さん

フルオーダーメイドだから、どんな体型でも最高の着心地に(1/3)

 「人の体型は職種や長年の癖によって違ってあたりまえ。既製品やイージーオーダーでは叶わないその人だけの着心地を追求するフルオーダーメイドの良さを、ぜひ知っていただきたいですね」と田中輝彦さん。 「同じスーツでも『スッキリと細身にキメたい...

田中輝彦プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

体に合わせた自然なスタイルを、フルオーダースーツで創ります!

店名 : お誂え洋服たなか
住所 : 京都府京都市北区上賀茂中ノ坂町15-2 [地図]
TEL : 075-721-0880

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-721-0880

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中輝彦(たなかてるひこ)

お誂え洋服たなか

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

仕事が休みの日に合わせて、仮縫いに来ていただきました。

ハンドメイドは仮縫いと言う手段があることが大切だというこ...

T高橋
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
コラムをテーマーごとに纏めました。

お蔭様で私が書いたコラム数も120を越えました。フルオーダーに拘って、主にメンズのオーダースーツやジャケ...

[ コラムのテーマーについて ]

フルオーダーとイージーオーダー。 自分に合ったオーダーを選ぼう!
裁断、型紙

選んだ生地からスーツやジャケットに仕立てる(縫製)ことをオーダーメイドと言います。従って同じ生地を選んで...

[ オーダースーツのいい話し ]

障がい者の礼服を着て、愛する娘とバージンロード一緒に歩きたい。
イメージ

子供の結婚式は、世の親としては最大の行事であって、親として責任を果たした瞬間であります。親として、子供の...

[ 車椅子ユーザーのフォーマルウエア ]

学長、校長先生の式典での服装
イメージ

センター試験も終わり、受験生たちは目指す大学に合格出来ることを祈り願っているところだと思います。また、一...

[ フォーマルウエアのドレスコード ]

秋の衣替え クリーニングは塩抜きを!

秋雨前線が日本に近づいて、徐々に秋の気配が漂ってきました。猛暑の夏の間に着ていたスーツなどを片づけて、そ...

[ 洋服のお手入れについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ