コラム

 公開日: 2015-12-09 

玄関周りの小さなスペースを活かした自然のある家づくり

シンボルツリー

玄関周りの小さなスペースを活かして、そこにシンボルツリーを植えたりして、家に自然を取り込むと生活にうるおいが生まれ、より楽しいものになります。

また、玄関の一本のシンボルツリーが、家の外観イメージをより一層引き立て、より魅力的なものにもします。

そうしたシンボルツリーは、家族にとって愛着が湧く樹木にしたいですね。

建物などの都合上、シンボルツリーを目隠しとしても利用したい場合は、常緑樹で、ある程度葉張りのある樹木を選ぶといいでしょう。

また、西日などの日射を遮り、夏場の室温の上昇を押さえたい場合や、冬に暖かい陽だまりを確保したいという場合は落葉樹が適しています。

ご近所とのコミュニケーション

玄関周りに自然を取りこむことは、そこに住む家族にとってばかりではなく、ご近所との関係にも影響します。

「あそこの家のハナミズキが毎年楽しみ」とか、「モミジがきれい」など、自然を介してご近所とのつながりが生まれます。

意外なことに、玄関先の植栽は、防犯という観点から見直されているそうです。

玄関先のシンボルツリーや草花に、ご近所の人や通りすがりの人が足を止める、目を向ける。それは何気ない行為ですが、人目をおそれる泥棒や不審者は、いつ誰に見られるか分からないと感じ、警戒し、近寄らなくなるという理由からだそうです。

東京都の杉並区は「花咲かせ隊」というボランティア活動を実施しています。
路上に花を咲かせて街を美化するものですが、街に花を増やしたところ空き巣の被害が減少したそうです。
玄関先にある自然が地域のつながりを生み、防犯に役立ったということでしょう。

家との調和を考える

人気があるシンボルツリーはさまざまですが、その高さ、枝ぶり、花や実といったものだけではなく、その根元のしつらえ、背景も工夫してみましょう。

それによってイメージが大きく変わるからです。根元を囲んで円形にレンガを敷く、あるいは、白みがかった自然石を使う─これだけでも大きく印象が変わります。

また、門のある家であれば、門から玄関までの動線の描き方によっても、大きく印象が変わります。自分で設計図を引き、シンボルツリーと家との調和を工夫するのも楽しいものです。小さなスペースでも玄関周りに自然を取り入れる工夫をこらしてみましょう。

この記事を書いたプロ

株式会社ローバー都市建築事務所 京都オフィス [ホームページ]

一級建築士 野村正樹

京都府京都市上京区浄福寺五辻上ル杉若町674  ザイキビル2F [地図]
TEL:075-451-5777

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

■<西陣大宮の町家> お客様の声http://www.rover-archi.com/voice/nishijin_nn/

 
このプロの紹介記事
ローバー都市建築事務所の代表で一級建築士の野村正樹さん

伝統の尊重と自由の精神で、幸せな住まいづくりを設計(1/3)

 「京都の良さ=和風ではありません」と語るのは、京都の西陣で生まれ育った一級建築士の野村正樹さん。2000年に独立し、西陣の一角に立つ町屋を改装してローバー都市建築事務所を開業しました。 野村さんにとって、モデルハウスなどで見かける町屋...

野村正樹プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 株式会社ローバー都市建築事務所 京都オフィス
住所 : 京都府京都市上京区浄福寺五辻上ル杉若町674  ザイキビル2F [地図]
TEL : 075-451-5777

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-451-5777

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

野村正樹(のむらまさき)

株式会社ローバー都市建築事務所 京都オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
京都発 Book&Cafeの新潮流
イメージ

首都圏を中心に近年多く見られる「Book&Cafe」スタイルの書籍店。 書籍売場と併設して喫茶スペースを設けること...

新しい感性を吹き込む京町家
イメージ

 先日、四条花見小路を西に入った四条通南側に面する京町家を再生する機会に恵まれた。この京町家は喫茶店やギャ...

昭和の名庭 余香苑
イメージ

 「妙心寺 退蔵院」内にある、庭園「余香苑」は、枯山水庭園「元信の庭」と並び、退蔵院を代表する庭園であり、ミ...

狩野派絵画を庭園にみる
イメージ

 平安時代から四季折々に美しい花畑に囲まれ、いつしか人々から「花園」と呼ばれるようになった右京区花園。その...

観光地にある観光トイレ
イメージ

 京都の寺院の境内には「観光トイレ」と呼ばれる公衆トイレが存在する。現在、京都市内では妙心寺、金閣寺、仁和...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ