コラム

 公開日: 2016-02-05 

天然ケヤキの厚板と竹が融合した店舗設計

京都のお漬物

京都のお土産といえば何を思い浮かべるでしょう?
八ッ橋、そばぼうろ、抹茶菓子、あるいは扇子や帯締めなどの和装小物、舞妓さん御用達のあぶらとり紙、手ぬぐい、豆皿等々。数え上げればきりがありませんが、京都のお漬物も喜ばれるお土産の一つでしょう。

京都の漬物が今日に至った大きな理由は、京都は盆地で海から遠いため、代わりに野菜づくりが発達したこと、その保存についてもさまざまな工夫が凝らされてきたことにあるようです。

そして、京の漬物は祖母から母、母から娘へと長い時を通して受け継がれてきました。その京漬物で知らない人はない「西利(にしり)」が、京都駅前地下街「Porta(ポルタ)」に、新しい日本食の形を提案する店舗を計画しました。

色彩感覚に富んだ「和」の食を照らすLED照明

このお店に求められていたのは、京都を中心とした国内厳選の名店の品々を取りそろえながら、私たちが忘れかけている「日本食」の豊かさを再認識することができる店舗─そうした店舗空間でした。

しかし、店舗がある場所は地下街です。柔らかな自然光はありません。また、広さも約2坪ほど。

こうした条件のなか、いかに「和」の情緒を醸し出し、深さとバラエティーに富んだ「和」の「食文化」を彩るか。それが大きな課題でした。

そこで採用したのが、演色性の良いタイプのLED照明です。この照明が、人工的に構築された特殊な環境のもとで、色彩に富んだ「和」の食品を鮮やかに演出しています。

天然ケヤキと竹、そして、「和」のハーモナイズ

このお店は、地下街の柱を取り囲んだ、約2坪ほどの小さな空間です。

この柱が、ある意味、最も目立つ位置にあることになります。

しかし、単に木材を貼っただけでは単調に過ぎ、「日本食の新しい形を提供する」という挑戦的なコンセプトと合致しません。

そこで、この柱に天然ケヤキの厚板による彫込サインをランダムに配置し、柱面のデザインに生き生きとした躍動感を与えました。

また、アクセントカラーに濃いネズミ色をとりいれ、全体に統一感を持たせました。

そして、商品を陳列する棚材には竹を使用しています。竹の持つ「和」の雰囲気、清潔感を随所に配置することで、上品で清潔な「和」の雰囲気を持つ空間に仕上げることができました。

地下街という特殊な空間に「和」の世界をスタイリシュに表現することができたと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社ローバー都市建築事務所 京都オフィス [ホームページ]

一級建築士 野村正樹

京都府京都市上京区浄福寺五辻上ル杉若町674  ザイキビル2F [地図]
TEL:075-451-5777

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

■<西陣大宮の町家> お客様の声http://www.rover-archi.com/voice/nishijin_nn/

 
このプロの紹介記事
ローバー都市建築事務所の代表で一級建築士の野村正樹さん

伝統の尊重と自由の精神で、幸せな住まいづくりを設計(1/3)

 「京都の良さ=和風ではありません」と語るのは、京都の西陣で生まれ育った一級建築士の野村正樹さん。2000年に独立し、西陣の一角に立つ町屋を改装してローバー都市建築事務所を開業しました。 野村さんにとって、モデルハウスなどで見かける町屋...

野村正樹プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 株式会社ローバー都市建築事務所 京都オフィス
住所 : 京都府京都市上京区浄福寺五辻上ル杉若町674  ザイキビル2F [地図]
TEL : 075-451-5777

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-451-5777

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

野村正樹(のむらまさき)

株式会社ローバー都市建築事務所 京都オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
京都発 Book&Cafeの新潮流
イメージ

首都圏を中心に近年多く見られる「Book&Cafe」スタイルの書籍店。 書籍売場と併設して喫茶スペースを設けること...

新しい感性を吹き込む京町家
イメージ

 先日、四条花見小路を西に入った四条通南側に面する京町家を再生する機会に恵まれた。この京町家は喫茶店やギャ...

昭和の名庭 余香苑
イメージ

 「妙心寺 退蔵院」内にある、庭園「余香苑」は、枯山水庭園「元信の庭」と並び、退蔵院を代表する庭園であり、ミ...

狩野派絵画を庭園にみる
イメージ

 平安時代から四季折々に美しい花畑に囲まれ、いつしか人々から「花園」と呼ばれるようになった右京区花園。その...

観光地にある観光トイレ
イメージ

 京都の寺院の境内には「観光トイレ」と呼ばれる公衆トイレが存在する。現在、京都市内では妙心寺、金閣寺、仁和...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ