コラム

 公開日: 2016-11-30 

小屋裏収納、はしごと固定階段どちらを設置すべき?

小はしごと階段の違い

階段とはしごの違いとして、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

インターネットの辞書でははしごは「高い所へ登るための道具で、長い2本の材の間に足がかりの横棒を何本もつけたもの。立てかけたり、つるしたりして用いる」とあります。

階段は、「高さの異なる所へののぼりおりのために作った段々の通路」とあります。

ほかに、一般の方の答えで以下のようなものがありました。
「問い:はしごと階段の違いは何ですか?」「答え:用が済んだら片付けるのがはしご、使わないときでもずっとあるのが階段」。

小屋裏収納への昇降について、はしごと固定階段を考える際には、わかりやすい答えだとおもいます。

用が済んだら…

小屋裏収納をお作りなった方で固定階段を設けていない方、あるいは、地域の指定によって固定階段が設けられず可動式のはしごをお使いになっている方の多くが「いちいち階段を設置するのは面倒」とおっしゃっています。

あるいは、はしごを垂直に取り付けている方も「垂直のはしごを、物を持ってのぼりおりするのは大変」とおっしゃっています。

「はしごを設置する」「用が済んだら片付ける」というのは、そう簡単なことではありません。手間がかかるのもデメリットですが、手すりにつかまらずにのぼりおりができる階段に比べて、のぼるときもおりるときもはしごの方を向き、手すりをつかみながら昇降するはしごは、安全面で不安があるのは事実です。

使わないときでもずっとある階段

もし自治体が認めているのであれば、小屋裏収納については、やはり固定階段をおすすめしたいとおもいます。

しかし「使わないときでもずっとある階段はスペースをとる」という問題があります。限られた空間のなかで収納に困り小屋裏収納を考えたのに「階段でスペースをとられるのはもったいない」ということになりそうです。

では、どうしたらいいのでしょう?

こう考えてはいかがでしょうか。

「生活のしやすさ」は、さまざまな要因があって成り立つものです。たとえば、玄関に鍵のない家はあまり考えられません。住まい全体に比べれば鍵は小さなものですが、防犯というものは非常に重要な要素でしょう。

生活の中の安全性も非常に重要な要素です。
可動式のはしごと固定階段では安全面で大きな差がありますから、もし可能であれば、小屋裏収納への昇降には固定階段をおすすめしたいとおもいます。

固定式階段であっても、階段の下が収納になっている家具階段を採用すると、多少のスペースをとったとしても、収納として十分に役立ってくれるかとおもいます。

この記事を書いたプロ

株式会社ローバー都市建築事務所 京都オフィス [ホームページ]

一級建築士 野村正樹

京都府京都市上京区 大宮通上立売上る西入伊佐町233 385PLACEビル4F [地図]
TEL:075-451-5777

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

■<西陣大宮の町家> お客様の声http://www.rover-archi.com/voice/nishijin_nn/

 
このプロの紹介記事
ローバー都市建築事務所の代表で一級建築士の野村正樹さん

伝統の尊重と自由の精神で、幸せな住まいづくりを設計(1/3)

 「京都の良さ=和風ではありません」と語るのは、京都の西陣で生まれ育った一級建築士の野村正樹さん。2000年に独立し、西陣の一角に立つ町屋を改装してローバー都市建築事務所を開業しました。 野村さんにとって、モデルハウスなどで見かける町屋...

野村正樹プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 株式会社ローバー都市建築事務所 京都オフィス
住所 : 京都府京都市上京区 大宮通上立売上る西入伊佐町233 385PLACEビル4F [地図]
TEL : 075-451-5777

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-451-5777

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

野村正樹(のむらまさき)

株式会社ローバー都市建築事務所 京都オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
京都発 Book&Cafeの新潮流
イメージ

首都圏を中心に近年多く見られる「Book&Cafe」スタイルの書籍店。 書籍売場と併設して喫茶スペースを設けること...

新しい感性を吹き込む京町家
イメージ

 先日、四条花見小路を西に入った四条通南側に面する京町家を再生する機会に恵まれた。この京町家は喫茶店やギャ...

昭和の名庭 余香苑
イメージ

 「妙心寺 退蔵院」内にある、庭園「余香苑」は、枯山水庭園「元信の庭」と並び、退蔵院を代表する庭園であり、ミ...

狩野派絵画を庭園にみる
イメージ

 平安時代から四季折々に美しい花畑に囲まれ、いつしか人々から「花園」と呼ばれるようになった右京区花園。その...

観光地にある観光トイレ
イメージ

 京都の寺院の境内には「観光トイレ」と呼ばれる公衆トイレが存在する。現在、京都市内では妙心寺、金閣寺、仁和...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ