コラム

 公開日: 2014-02-07 

【減価償却費とは?】

減価償却費とは、例えば仕事用に150万円で普通乗用車(新車)を買った場合、
買った年に150万円全額を経費としないで、6年間に分けて6分の1ずつ経費にしてくださいという経費です。

つまり、1年で全額経費にできないものを何年間かにわたって経費化していくことを減価償却といいます。
白色申告の場合は10万円以上だと減価償却費扱いになりますが、
青色申告の場合はそれが30万円以上となるので、逆にいえばそれ以下の金額だと
全額経費に出来るというメリットがあります。

減価償却費の典型的な例としては建物があります。
たとえば、居住用の鉄筋コンクリート新築マンションなどは償却期間が47年と長いです。
この場合、もしも何億円と言うマンション建築費を1年目に全額経費として処理すれば、
1年目の決算は巨大赤字になり、その後この巨大繰越赤字を3年間(法人の場合は9年)で取り返すこともほぼ出来ないはず。
だから、建物の価値は大体47年間位と仮定して、それを47年間で47分の1ずつ経費にしてくださいという事です。

もちろん、償却期間は物などによって色々と決められています。
ただし、土地や株式などは時間が過ぎても価値が減る(減価)とは限らず、増えるかもしれないものなので、減価償却の対象にはなりません。

たとえば、土地の上に敷いたアスファルトは減価償却の対象になりますが、土地自体は対象外です。
つまり、時間の経過とともに物理的に価値が減っていく(減価する)ものが減価償却費の対象となるのです。

この記事を書いたプロ

清水宏税理士事務所 [ホームページ]

税理士 清水宏

京都府京都市左京区下鴨北園町5-1 [地図]
TEL:075-711-1841

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
清水宏 しみずひろし

ハードロックを愛し、社会貢献を心がける税理士(1/3)

 「税理士」と聞くと、「数字に細かくて何事にもキチンとしていて……」というように、ほとんどの人が堅いイメージを思い浮かべるかも知れません。もちろんどんな仕事でも社会のルールは守らなければならないのですが、税理士や弁護士などの職業に対してはこ...

清水宏プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 清水宏税理士事務所
住所 : 京都府京都市左京区下鴨北園町5-1 [地図]
TEL : 075-711-1841

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-711-1841

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清水宏(しみずひろし)

清水宏税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【スマホで経営】
イメージ

弊税理士事務所、初めてのクラウド会計サービス、いよいよ開始です!「経理に時間やお金をかけたくない」「M...

【はじめての確定申告】
イメージ

●確定申告ってそもそも何?一般的に確定申告!確定申告!と各所で促され、毎年2月16日から3月15日の間までにして...

【セミナー無事終了しました!】
イメージ

本日、京都信用金庫 下鴨支店 2階コミュニティホールにて「くらしのお役立ちセミナー」を開催いたしました。お...

[ セミナー・講演 ]

【くらしのお役立ちセミナー】のお知らせ


6月24日(水)の13時30分より、京都信用金庫 下鴨支店 2階コミュニティホールにて「くらしのお役立ちセミナー」...

[ セミナー・講演 ]

【セミナー無事終了しました!】
イメージ

本日、京都信用金庫修学院支店にて「くらしのお役立ちセミナー」を開催いたしました。お越しいただいたみなさま...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ