コラム

 公開日: 2015-01-27 

消滅可能性都市


~二〇一五年(平成二七年)一月十二日放送「月曜から夜ふかし」~

内容は衝撃的なのに、このお兄さんの言い方ですっかり違う意味でウケちゃった「豊島区は消滅可能性都市」問題(笑)

TV見て、アホ面して笑っておりました(笑)

すると、二日後の京都新聞見てびっくりしちゃった

京都府内で人口が最も少ない笠置町で昨年の出生届が一件もなく、同町をはじめ伊根町や南山城村などが「消滅可能性都市」と指摘されている
~二〇一五年(平成二七年)一月十四日付け 京都新聞より抜粋~

灯台下暗しだねぇ(苦笑)

同日のNHKの「news Watch9」でセックスレス特集をしていて、NHKがその特集をやったことにもびっくりしたけど、その数四五%っていう結果にもびっくりした…けど、ちょっと納得した(笑)

日本家族計画協会の理事長は、「少子化の原因にもなる大きな問題。勤務時間が長いとセックスレスが増えるというデータもある。」って

少子化の原因になることは、他にも飲み物・食べ物・日用品etc…色々、考えられるもんね

でも、家ではしないのによそでする人が居るから、いつまでも占いや人生相談には彼氏や旦那の浮気で悩んでいる女の人からの話が溢れ返ってるし、その逆に昼顔妻なんて言葉が流行る程、気持ちや状況がわかる~って妻達が居るのも事実な訳で(苦笑)

危なっかしい国だなぁ、日本って(笑)

この記事を書いたプロ

Serendip(セレンディップ) [ホームページ]

エステティシャン ひろみ

滋賀県滋賀県守山市大門町 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Serendipの石けん
イメージ

「泡が細か~い」「保湿力凄~い」それが、黒糖石けんを使われた方の第一声黒砂糖の美肌・美髪効果は有名黒砂糖に含まれているコクトオリゴが美肌に効...

Serendipで作れる物
しみ・そばかす対策の材料

レモン・ホウ酸レモンなんて、朝に身体に取り込んでお日様に当たったら、しみになるやないかい、ごらぁぁぁっホウ酸なんて、ホウ酸団子を作るもんやないかい、...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
手作りの石けんと化粧品で女性を美しくするSerendip(セレンディップ)のひろみさん。京都だけでなく、滋賀県の守山や大津でも活躍しています

生まれたときから最期のそのときまで、女性をきれいにするサロン(1/3)

 京都市営地下鉄東山駅から徒歩すぐ、柳の葉が風に揺れる白川沿いに、女性をきれいにするサロンSerendip(セレンディップ)があります。 小さいころから美しい人が大好きだったという、ひろみさんは、化粧品販売やエステなど美容関係で働いてき...

ひろみプロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

石けん、化粧品、身体づくり、全ての綺麗の産みの親

店名 : Serendip(セレンディップ)
住所 : 滋賀県滋賀県守山市大門町 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

ひろみ(ひろみ)

Serendip(セレンディップ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

体の変化が楽しい!嬉しい!

Physication(フィジケーション)という聞き慣れない教室に、...

K・A
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
世界の原発停止求めデモ
イメージ

東京電力福島第一原発事故から六年となる十一日、ドイツの首都ベルリンで市民や現地在住の日本人ら約三〇〇人が手...

[ Butterfly Effect ]

ミス・ドーナツ・コンテスト
イメージ

ロシア・シベリアのクラスノヤルスクでぽっちゃり美を競うコンテストの準備が進んでいるスマートな体形が美しい...

[ Butterfly Effect ]

公邸に飼い犬九匹放置
イメージ

韓国の朴槿恵前大統領が十二日に大統領府公邸から自宅へ戻った際、飼い犬九匹を残して帰った事が分かった大統領...

[ 動物と人間 ]

罠で猫の脚が壊死、使用禁止徹底を
イメージ

福井市の民家に、使用が禁止されている動物捕獲用の罠「トラバサミ」に脚を挟まれた状態の猫が迷い込み、NPO法人福...

[ 動物と人間 ]

コイン飲み込み重さで泳げなくなったウミガメ
イメージ

タイのチョンブリー県シーラーチャーにある動物保護センターで飼育されている二五歳の雌のアオウミガメが、九一五...

[ 動物と人間 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ