プロTOP:水沼国男プロのご紹介

東洋医学の知識を伝授し、自分の力でより健康に!笑顔で毎日過ごせるよう導く(1/3)

鍼灸瑛の院長、はり師・きゅう師の水沼国男さん

鍼灸の技術や東洋医学の知識を生かし、より健康な毎日へ。スポーツ愛好家にもおすすめ

 「夜眠れない、体がだるい、食が進まない、やる気が出ないなど、病院では原因が分からない症状で悩んでいませんか?年配の方に限らず、サラリーマンやOL、主婦、学生さん、お子さまもです」と語るのは、「鍼灸瑛(えい)」の院長、水沼国男さん。

 多くの人は、体に痛みが出るなどあきらかな不調を感じてから鍼灸院などに足を運ぶかと思いますが、水沼さんは“健院”を掲げ、未病の段階での病気の予防を重視しています。

 「病気は気を病む、元気は気を元に戻すという意味です。病気を治すのではなく、人それぞれが持つ自然治癒力が働くよう援助し、気を元に戻すことが東洋医学の基本です。当院では最初から、予防を目的とした、セルフケアコースを設けています。これは未病の段階、火事にたとえるなら、早期発見してボヤで済ませようというもの。遅れて全焼になれば手に負えませんからね」

 さらに、鍼灸治療やアドバイスは、ひとりひとりの体調や生活習慣に合わせて、オーダーメイド。セルフケアを大切にしているのも特徴でしょう。

 「大学の研究畑で約30年間研究に携わり、現代医療のパターン治療で限界を痛感しました。人それぞれに体質も生活スタイルも異なるため、治る人は多くいますが、例外もあったからです。それゆえ、ひとりひとりに合わせたオーダーメイドのケアにこだわっているのです。また、セルフケアなのは、せっかく腰痛が鍼灸で緩和されても、生活習慣を根本的に改善しなければ、また腰痛になってしまうからです」

 「鍼灸といえば、年配の方の腰痛や肩こり治療というイメージがあるかもしれません。しかし、不眠や食欲不振など未病といわれるもっと多くの体の悩みを改善します。私は、鍼灸の技術と東洋医学の知識をいかして、幅広い世代の方に、未病時にセルフケアをすることで、より健康的な毎日を過ごしてほしいと考えています。また、体のパフォーマンスもアップするので、スポーツで成績を上げたい、運動後の疲れを早く癒したい方も気軽にご相談ください」

<次ページへ続く>

【次ページ】 訪問鍼灸で、地域のかかりつけとなる、ホームドクターを目指す

最近投稿されたコラムを読む
治療
料金表

1. Self care course(セルフケア・コース)  3,000円~未病(予防)に焦点を当てた治療を行います~東洋医学でいう”未病”にアプローチし、病気の予防を目的とし...

診察日 お問合せ
イメージ

診察日 お問合せ※完全予約制  往診承りますお電話での予約・お問合せ℡ 075−864−7217   携帯電話 ℡ 090−2351−5642メール...

水沼国男プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

鍼灸と東洋医学の技術と知識の高さ。予防と訪問による治療

医院名 : 鍼灸瑛
住所 : 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町17-1 京中ビル402号 [地図]
TEL : 075-864-7212

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-864-7212

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水沼国男(みずぬまくにお)

鍼灸瑛

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
肘の外側が痛い時の鍼灸治療 

 肘の痛みを起こす疾患  肘の痛みを起こす代表的な疾患は、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、上腕骨内側上顆炎...

[ どんな疾患(症状)に効果があるの? ]

肘の内側が痛い時の鍼灸治療 

 肘の痛みを起こす疾患  肘の痛みを起こす代表的な疾患は、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、上腕骨内側上顆炎...

[ どんな疾患(症状)に効果があるの? ]

鍼(はり)治療は、痛い?
イメージ

 鍼は痛い?  治療の説明をしていると、「鍼(はり)は、痛いですか?」「鍼は、痛いから恐い」っと言われる...

[ 鍼って痛い?お灸って熱い? ]

五十肩と鍼灸治療

 五十肩ってどんな疾患?  中年以降〝肩を動かすと痛い〟などの症状があると、それ「五十肩”じゃない。」と言わ...

[ どんな疾患(症状)に効果があるの? ]

膝の痛みと鍼灸治療

 変形性膝関節症とは?  変形性膝関節症による膝痛みの特徴は、〝動作時痛〟です。例えば、椅子から立ち上が...

[ どんな疾患(症状)に効果があるの? ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ