コラム

 公開日: 2015-09-12 

相続不動産の分け方『代償分割と換価分割』

不動産の相続は争族になりやすい

不動産の価格には「地価公示価格」「相続税路線価」「固定資産税評価額」という異なる3種類の価格があります。
また、実際に取引される価格は「実勢価格」と呼ばれますが、不動産会社の立場から見ると、実勢価格が地価公示価格と1割以上異なる場合も多く見受けられます。
これらの事から、不動産の相続は分け方が難しく、それゆえに争族となりやすいです。

代償分割と換価分割

実際に不動産を分ける場合には、代償分割と換価分割という2種類の方法があります。

◆代償分割とは
代償分割とは、不動産を取得する相続人が他の相続人へ金銭(代償金)を支払う方法の事です。
→不動産の売却は行わない
【メリット】
 ・不況時などに、安価で不動産を手放す必要がない。
【デメリット】
 ・相続財産ではなく、取得者の固有財産を使う必要がある。
 ・代償金の額が適正かどうか判断しづらく、争族に発展する可能性がある。

◆換価分割とは
換価分割とは、相続不動産を換価(お金に換えて)して、その代金を分ける方法の事です。
→不動産の売却を行う
【メリット】
 ・相続人の固有財産を使う必要がない。
 ・売却後の現金での精算となるので、相続人の間で不満が出にくい。
【デメリット】
 ・不況時などは、安価で不動産を手放す必要がある。

それぞれのメリット・デメリットを把握し、ケースに見合った方法を取る事が必要です。

専門家に依頼する重要性

代償分割であれ換価分割であれ、遺産分割協議書を作成する段階で専門家に依頼する事が非常に重要です。
なぜなら、遺産分割協議書が適正に作成されていない場合には、代償分割の代償金に対して贈与税が課税される場合もあるからです。
国税庁の見解では、「分割に関する調停の内容に従って実際に分配される場合」には贈与税の課税は無いとの事です。
逆に言うと、「調停(遺産分割協議書)の内容が非常に重要になる」という事です。

スマートハウジングの無料相談

「代償分割が良いのか?」「換価分割が良いのか?」
スマートハウジングでは、どちらか決まっていない段階から無料でご相談に応じます。
なぜなら、その意思決定には「現在の市場」や「売却可能金額」等の目安が不可欠だからです。
結果的に不動産を売却しない場合でも、スマートハウジングでは一切の費用を頂きません。
また、遺産分割協議書の作成や相続登記に必要な専門家のご紹介も無料で行っています。

スマートハウジングでは、お客様にスマートな相続をご提供します。
どうぞお気軽に、小笹賢治までご相談下さい。

この記事を書いたプロ

株式会社 スマートハウジング [ホームページ]

不動産コンサルタント 小笹賢治

京都府京都市北区紫竹下緑町22-8サトミビル1階 [地図]
TEL:075-494-1040

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
小笹 賢治(おざさ けんじ)さん

税理士や司法書士と連携し、希望通りの不動産売却をサポート(1/3)

北山通りを歩くと、オレンジ色をした「Smart Housing」のノボリが見えてきます。小笹賢治さんはこちらで不動産の取り扱い全般を手がける、株式会社スマートハウジングの代表取締役社長です。「不動産の売却」を柱に、京都市北部・中心部エリアを...

小笹賢治プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

不動産の相続から売却までをワンストップで解決

会社名 : 株式会社 スマートハウジング
住所 : 京都府京都市北区紫竹下緑町22-8サトミビル1階 [地図]
TEL : 075-494-1040

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-494-1040

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小笹賢治(おざさけんじ)

株式会社 スマートハウジング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

満足している

良く質問にも早く答えていただいた。 行動も早く、満足して...

大澤 総子
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
建物の解体工事はお正月を迎えてから!!

 無駄な税金が発生する可能性大です!! 早速ですが建物の解体工事はお正月を迎えてから行う方が得策です。結...

[ 不動産と税金 ]

本年もありがとうございました

おかげさまで今年の営業は終了いたしました。皆様、本年もありがとうございました。新年は1月4日より営業を開...

敷金が差押されている不動産を売買する際の注意点

 敷金差押とは マンションオーナーのAさんに税務署から届いた財産差押通知書。内容は、Aさんが所有してい...

[ 不動産売却 ]

新耐震基準に対する誤解

 ■新耐震基準は昭和56年6月1日から マイホームに対する考え方は、多様化してきました。最近では全てを改装す...

[ 不動産売却 ]

短期譲渡と長期譲渡にご注意下さい

相続で取得された不動産のご売却。気をつけて「無駄な税金を払わない様に」して下さい。個人の方が不動産をご...

[ 不動産売却 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ