コラム

 公開日: 2013-09-21 

若くても老化!?①ソフトメディ

長年にわたって紫外線を浴び続けてきた皮膚には、様々な老化現象が現れてきます。

「老化」とはいえ、症状が出てくるのは思いのほか早く、20歳過ぎにはしみ、、30歳ごろからしわ、35歳ころからたるみが出始めます。

20歳ごろから出てくるシミは、光老化の第一現象。

局所的にメラニン量が増えて皮膚内に残ってしまった しみは、「日光性黒子(老人性色素斑)」
といわれます。

顔ならほほ骨の上や手の甲など日光に当たりやすい場所にでき、大きさや色はさまざまですが
ほぼ円形状なのが特徴です。

シミの原因となるのは、波長の短めなUV-Bですが、
できたシミを濃くするのは、UV-A.
日差しが穏やかな冬でも室内でも、長い波長で真皮の細胞を傷つけていきます。

シミ対策で、今夏から
UA++++をよく目にしたと思います。
これが肝心、老化促進のUV-Aを防御します。

SPFはUV-Bを防ぎぐ数値を現します。
45なら9時間、50なら10時間皮膚に紅斑を起こさせないという時間を数値化したものです。
ただし、本当にその効果を得ようと思ったら,2mg/㎠にぬらなきゃいけないので、
物理的に不可能かと。

それならば、やはり、体の中からインナーケアで抗酸化力を上げるビタミンABCやベータカロチン豊富な食品を摂取しつつ、
スキンケアでビタミンA由来の保湿化粧品でA肌貯金ケアを行うのが賢い.

それでもシミができてしまった場合、小さくて薄いうちなら内服薬や外用薬や光線治療、濃くて大きくなればレーザー治療がおすすめです。

この記事を書いたプロ

山本クリニック・ケア・ルーム ソフトメディ [ホームページ]

フェイシャルエステティシャン 山本江示子

京都府京都市伏見区竹田七瀬川町86-8 山本整形外科スキンクリニック3F [地図]
TEL:0120-48-4325

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
山本江示子 やまもとえみこ

「医療」と「エステ」が融合した安心感のある京都の美容サロン(1/3)

 「いつまでも美しくありたい」。これは女性にとって永遠のテーマなのかもしれません。京都市営地下鉄・近鉄竹田駅から歩いて約5分のところにある山本クリニック・ケア・ルーム ソフトメディでは、シミやシワ、たるみなどの女性が抱える肌の悩みに向き合っ...

山本江示子プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 山本クリニック・ケア・ルーム ソフトメディ
住所 : 京都府京都市伏見区竹田七瀬川町86-8 山本整形外科スキンクリニック3F [地図]
TEL : 0120-48-4325

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-48-4325

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本江示子(やまもとえみこ)

山本クリニック・ケア・ルーム ソフトメディ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
医療リジュベネーションSTEP9デトックスを数字でサポート:ソフトメディ

医療リジュベネーションでは栄養・サプリメント療法を行う場合の指標として毛髪ミネラル検査を活用しています。...

[ 最新医療情報 ]

医療リジュベネーションSTEP8栄養士サポート:ソフトメディ
イメージ

医療リジュベネーションでは、毎日の生活の中で習慣となっている食事や生活スタイルを改善していくこともお伝えし...

[ 最新医療情報 ]

医療リジュベネーションSTEP7部分痩せはマシンサポート:ソフトメディ

医療リジュベネーションでは、「リジュベネーション施術のデトックス」と「骨盤ストレッチからの骨盤リセット術」...

[ 最新医療情報 ]

医療リジュベネーションSTEP6骨プロサポート:ソフトメディ

 「体型」・「皮膚」・「容貌」といった見た目を整えることで、「健康・美」を得られる医療リジュベネーションで...

[ 最新医療情報 ]

医療リジュベネーションSTEP5温熱を点滴サポート:ソフトメディ
イメージ

リジュベネーションでは、発汗にゲルマニウム温熱マットレスを使います。高出力なゲルマニウムを使ったマットレ...

[ 最新医療情報 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ