コラム

 公開日: 2013-10-24  最終更新日: 2013-10-26

医療リジュベネーションSTEP2は体質改善:ソフトメディ

検査ののち、体質別にアプローチを考えます。

「内臓脂肪型」と「皮下脂肪型」「筋肉脆弱型」大きくはこの3つのタイプに分けてかんがえます。

①内臓脂肪型(リンゴ型)

ポッコリとお腹が突き出たリンゴのような丸くおなか周りに脂肪がつきやすいのが特徴で、腸管などの内臓の周りに脂肪が溜まりやすい傾向があります。

内臓脂肪の細胞からは、糖尿病、高脂血症、高血圧や動脈硬化のリスクを高める遊離脂肪酸や他のホルモンが多く分泌されています。

案外、代謝活性が高いので、結果が早くでやすいです。

②皮下脂肪型(洋ナシ型)

中年以降の女性に多く、お尻や太もも腰まわりやお尻、太ももなどの下半身を中心に脂肪が溜まりやすいのが特徴。

内臓の位置が下がっていることが原因か、脂肪分を上手く消化分解できない傾向にあるので、内臓の位置を戻し、働きをあげるよう骨盤周りからのアプローチを行います。

③筋肉脆弱型(バナナ型)

このタイプは外見だけを見ると太って見えないタイプですが、筋肉の量が少なく姿勢も悪いのが特徴になります。

筋肉の量が少ないため、一度体重が増え始めると肥満が一気に加速しやすい体質で、ダイエットのリバウンドを繰り返すことで更に筋肉が落ちやすくなっています。


検査の結果、体質、生活習慣のクセを基軸に、柔整師や管理栄養士も交えたチームで、骨格調整や体内環境をよくするよう、やさしく指導しながら、代謝の上がる体質に平均2週間をめどに調整していきます。

この記事を書いたプロ

山本クリニック・ケア・ルーム ソフトメディ [ホームページ]

フェイシャルエステティシャン 山本江示子

京都府京都市伏見区竹田七瀬川町86-8 山本整形外科スキンクリニック3F [地図]
TEL:0120-48-4325

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
山本江示子 やまもとえみこ

「医療」と「エステ」が融合した安心感のある京都の美容サロン(1/3)

 「いつまでも美しくありたい」。これは女性にとって永遠のテーマなのかもしれません。京都市営地下鉄・近鉄竹田駅から歩いて約5分のところにある山本クリニック・ケア・ルーム ソフトメディでは、シミやシワ、たるみなどの女性が抱える肌の悩みに向き合っ...

山本江示子プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 山本クリニック・ケア・ルーム ソフトメディ
住所 : 京都府京都市伏見区竹田七瀬川町86-8 山本整形外科スキンクリニック3F [地図]
TEL : 0120-48-4325

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-48-4325

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本江示子(やまもとえみこ)

山本クリニック・ケア・ルーム ソフトメディ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
医療リジュベネーションSTEP9デトックスを数字でサポート:ソフトメディ

医療リジュベネーションでは栄養・サプリメント療法を行う場合の指標として毛髪ミネラル検査を活用しています。...

[ 最新医療情報 ]

医療リジュベネーションSTEP8栄養士サポート:ソフトメディ
イメージ

医療リジュベネーションでは、毎日の生活の中で習慣となっている食事や生活スタイルを改善していくこともお伝えし...

[ 最新医療情報 ]

医療リジュベネーションSTEP7部分痩せはマシンサポート:ソフトメディ

医療リジュベネーションでは、「リジュベネーション施術のデトックス」と「骨盤ストレッチからの骨盤リセット術」...

[ 最新医療情報 ]

医療リジュベネーションSTEP6骨プロサポート:ソフトメディ

 「体型」・「皮膚」・「容貌」といった見た目を整えることで、「健康・美」を得られる医療リジュベネーションで...

[ 最新医療情報 ]

医療リジュベネーションSTEP5温熱を点滴サポート:ソフトメディ
イメージ

リジュベネーションでは、発汗にゲルマニウム温熱マットレスを使います。高出力なゲルマニウムを使ったマットレ...

[ 最新医療情報 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ