コラム

 公開日: 2016-01-04 

新年の御挨拶

明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

本年度の新年ご挨拶を書かせて頂くにあたり、昨年の挨拶文を読み返してみました。
どこかしら浮かれた感じの、来るべき未来に大きな期待をもっていたような内容の挨拶文でした。
それから1年。。実際には目を見張るほどの、また肌でヒシヒシと感じるような高揚感は期待したほど味わえなかったなぁ、と思っているのですが・・皆さまにおかれましては如何でしたでしょうか?とはいえ期待を大きく裏切るような悪況感もさして感じることなく、じわじわとではありますが、複調の兆しを感じることが出来たような気はしております。

お陰様で昨年においては管理受託戸数をいくばくか伸ばすことが出来たのですが、新たに管理業務を受託させて頂くときには、通常オーナー様が既に物件をお持ちであって、その物件についてのお困り事などの解決を図ることから新規業務を始めさせて頂くことが多かったのですが、ここ最近の傾向としましては、オーナー様が新たに物件を購入されることによって新規業務が始まる場合が多くなってきています。一時から比べますと投資用物件の件数も増え、又マンションを優良な投資対象と考えられる方が増えているようにも感じます。これを好況感とみるかどうかは難しいところだと思いますが、数年前までのような強烈な閉塞感までは感じられないので勝手にそうだと思い込んでいます、笑。
もちろん既存物件でのご相談も引き続きさせて頂いております。また新規物件のご購入検討段階から幅広くサポートもさせて頂きますので何なりとご遠慮なくお申し付けください。

本年は本当の意味で良い高揚感を肌でヒシヒシと感じとれる1年にしたいと思います。
まだまだ未熟な私ですが少しでも皆さまのお力になれますよう本年も尽力して参ります。
本年も変わらぬご厚情何卒宜しくお願い申し上げます。

この記事を書いたプロ

株式会社スペースサピエンス [ホームページ]

マンション管理士 内野直樹

京都府京都市上京区一条通七本松通西入東町47番地3 [地図]
TEL:0120-361-368

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
マンション・テナントビルの総合管理会社「株式会社スペースサピエンス」の管理部部長を務める内野直樹さん

マンション・テナントビルを総合管理する心のパートナー(1/3)

 近年、マンションが都市の居住スタイルとして定着するにつれ、住人の権利や利用関係などの複雑さが一段と増し、管理面の問題もクローズアップされています。管理体制の重要度がより強く求められながらも、肝心の管理の適正化を推進する法律は、分譲形態は1...

内野直樹プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

マンション・テナントビルに関する、管理と運用のスペシャリスト

会社名 : 株式会社スペースサピエンス
住所 : 京都府京都市上京区一条通七本松通西入東町47番地3 [地図]
TEL : 0120-361-368

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-361-368

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内野直樹(うちのなおき)

株式会社スペースサピエンス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
空室が続くマンション・アパートの悩み…埋まらない理由は○○にある!

賃貸経営者様最大の悩みといえば、空室が埋まらないことでしょう。その理由は一概に断言できませんが、入居希望者...

不動産管理会社を変えると空室が埋まりやすい

オーナー様にとって、所有物件の空室が長引くことは大変な痛手です。空室対策をいろいろ試したけど、入居者が決ま...

家賃を下げずに空室を解消する方法

空室がなかなか埋まらない時、まず家賃の値下げで解消しようとしていませんか?しかし、家賃の減額は大切な物件の...

年初に思うこと

本年は戌年ですね。昔から気になっていたのですが何故十二支のイヌは戌と書くのでしょうか??調べてみますと...

知って得する!~設備投資で物件価値を高める 原価償却セミナー ~
イメージ

設備投資をして、その分をそのまま賃料に反映しても入居者はなかなか見つかる時代ではありません。かといって、...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ