コラム

 公開日: 2017-02-25 

元号と契約書

平成は本当に終わるのでしょうか?
新聞紙面では2年後の元日から元号が変わることが既定路線のように扱われていますが、今上天皇の生前退位論がまだ有識者会議の最中からこのような話になっているのには少し違和感を覚えます、、でもきっとそうなるのでしょうね。
少し暴論になりますが、この機会に元号を公式公的な場面で使うのは止めればいいのではないかとも思います。公式公的な場面では西暦を使い、元号は制度としては残して文化的な面でのみ使用していくほうが分かり易いと思うのです。(政治的な天皇制の是非うんぬんではありませんので悪しからずお許しください。。)
といいますのも業種的に契約関係書類は当然に多く扱うわけなのですが、契約書等に記載される契約期間に元号を使っていることも多く、これでは先々の契約終了年月日などを勘違いする可能性もあるなぁと思うからです。例えば平成28年5月5日から平成38年5月4日までの契約期間であった場合、平成38年が(仮に平成31年から変更となれば)当然に〇〇7年となるわけで、いずれに契約書を見返したとき、ぱっと平成38年が〇〇何年になるかなんて出てこないと思うのです。昭和と平成でも現実そうですし。。
これは元号が有限のものである限り今後も起こりうることなので、グローバルスタンダードという意味でも公式公的な場面では西暦が良いと思うのですが如何でしょうか?
社内の契約内容管理システムでは西暦を使用していますので元号が変わろうとも影響は御座いませんが、今後は作成する契約書類等についても一考する必要があるかと思っています。
元号変更、消費税増額、東京オリンピック、トランプ政権、、etc、、2021年までのこれから4年間は色々な出来事が待ち受けています。憂うのでなく前向きに楽しみに迎えれるよう心掛けていこうと思うこのごろです。

この記事を書いたプロ

株式会社スペースサピエンス [ホームページ]

マンション管理士 内野直樹

京都府京都市上京区一条通七本松通西入東町47番地3 [地図]
TEL:0120-361-368

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
マンション・テナントビルの総合管理会社「株式会社スペースサピエンス」の管理部部長を務める内野直樹さん

マンション・テナントビルを総合管理する心のパートナー(1/3)

 近年、マンションが都市の居住スタイルとして定着するにつれ、住人の権利や利用関係などの複雑さが一段と増し、管理面の問題もクローズアップされています。管理体制の重要度がより強く求められながらも、肝心の管理の適正化を推進する法律は、分譲形態は1...

内野直樹プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

マンション・テナントビルに関する、管理と運用のスペシャリスト

会社名 : 株式会社スペースサピエンス
住所 : 京都府京都市上京区一条通七本松通西入東町47番地3 [地図]
TEL : 0120-361-368

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-361-368

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内野直樹(うちのなおき)

株式会社スペースサピエンス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
賃料滞納から明渡執行まで ~実際の実例を踏まえて~ ブライト法律事務所 牧野聡弁護士セミナー

弊社の顧問弁護士である牧野聡氏によるセミナーを行います!『賃料滞納から明渡執行まで』というテーマに沿って...

佛教大学インターンシップ生☆マンションのお部屋を大改造!☆
イメージ

弊社スペースサピエンスに毎年佛教大学インターンシップ生の方がお越し頂いております。今年はひと味違った体験をしても...

☆佛教大学様インターンシッププログラム~研修生さんの受け入れ

佛教大学様では学生さんのキャリア教育と職業教育を充実させるべく、2003年からインターンシッププログラムの取り組みを行ってき...

弊社の物件が取材を受けました! ☆とくダネ!~セントエルモ三条☆

業界のごくごく一部の間では有名なこの物件笑、弊社管理物件のなかでもかなりの変わりダネなのです!そこに目を...

5年に1度の・・
イメージ

管理業務主任者の登録更新がやってまいりました・・知識のブラッシュアップも兼ねて丸1日ビッチリと講習を受講...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ