コラム

 公開日: 2018-03-11 

中古取得した建物の減価償却

建物を購入した場合、帳簿上の建物の価値は毎年減価償却によって目減りしていきます。
居住用の資産であれば売却時の譲渡所得の計算に用いる以外関係ないことでしょうが、
投資用の場合は減価償却分を経費として申告できるのでこの点は重要です。

毎年の減価償却費は建物の耐用年数によって償却率が異なります。
(償却率についてはコチラをご参照ください)
耐用年数に関しては、住宅物件では木造が22年、鉄筋コンクリート造が47年となります。

新築で取得した場合の耐用年数はそのままの数値で問題ないのですが、
中古取得の場合はどうなるのでしょうか。
取得時の経過年数を引いた残期間で考えるのでしょうか。
答えは以下のようになります。

法定耐用年数 - (経過年数 × 0.8)= 残年数
(小数点以下切り捨て)

つまり、築10年の分譲マンション(鉄筋コンクリート造)の1室を購入した場合、

47年-(10年×0.8)=39年

となり、償却率は「0.026」となります。
(建物は定額法で計算します)

この物件を1000万円で購入していた場合、

1000万円 × 0.026 =26万円

が、減価償却費として経費計上できるのです。
(年度の途中で取得した場合は月数によって調整が必要ですが、ここでは割愛します)

ちなみに、土地は減価償却の対象となりませんのでご注意ください。

上記の例で土地建物の合計が1000万円だとしたら、
まずは土地と建物の価格を分離し、建物価格に償却率を掛ける必要があります。
(土地建物の内訳は購入時の契約書に記載されているか、
評価証明書の評価額の比率で案分するなどして算出しましょう)


なお、耐用年数を超過している場合は、

法定耐用年数 × 0.2 = 残年数

で計算しますので、木造なら4年、鉄筋コンクリート造なら9年が残年数となります。


不動産投資で節税を考える際には重要な要素になってきますので、
申告時にはご注意ください。

この記事を書いたプロ

大峰FP事務所 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 田中裕晃

京都府京都市左京区山端壱町田町8番地49  プラザ修学院アーケード内 [地図]
TEL:075-706-0800

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
料金体系

各種相談(60分)       5,000円 初回相談 1時間無料 家計簿診断          10,000円 キャッシュフロー表作成    30,...

 
このプロの紹介記事
夢のマイホーム購入を支援する家計改善のプロ 田中裕晃さん

住宅購入をワンストップでサポートするお金と不動産の専門家(1/3)

 不動産会社「株式会社 大峰」の経営者でもある田中裕晃さんが、ファイナンシャルプランナーの資格を取得したのは2014年のこと。大手不動産会社に勤務している時、住宅ローンが払えずに困っている家族を、数多く見てきたことが動機だったそうです。...

田中裕晃プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

不動産とお金の専門知識を活かしたワンストップの住宅購入支援

事務所名 : 大峰FP事務所
住所 : 京都府京都市左京区山端壱町田町8番地49  プラザ修学院アーケード内 [地図]
TEL : 075-706-0800

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-706-0800

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中裕晃(たなかひろあき)

大峰FP事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不動産を相続したとき考えること②

前回は相続した不動産を保有する場合についてお話ししました。今回もその続きですが、「1-3 空き家にして...

[ 相続 ]

不動産を相続したとき考えること①

相続で得る資産は、現預金、有価証券、不動産に大別することができます。このうち、現預金と有価証券については...

[ 相続 ]

住宅ローン控除の居住要件

住宅ローンを組んで住宅を購入、あるいは新築する場合、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)による税金の還付...

[ 不動産購入 ]

住宅購入と頭金③

前回に引き続き、住宅購入における頭金についてのお話です。参考までに、1回目は、「頭金としていくら使って...

[ 不動産購入 ]

住宅購入と頭金②

前回は、「現状であればいくら頭金として使っても大丈夫なのか」ということをまず考えるべきだと結論付けました。...

[ 不動産購入 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ