コラム一覧 :耐震・防火

1件~4件(4件)

京町家の耐震と京都市の取り組み

 京町家に適した耐震診断とは 京町家は構造上、壁は土壁で、壁に通し貫があり、柱は石場建てになっているといった特徴があります。それは柔らかさと粘り強さで地震に耐える柔構造で、硬さと強さで地震に耐える剛構造である在来工法の建築物とは全く違う構造です。そして主に昭和26年以降に... 続きを読む

耐震・防火

2017-03-21

京町家の防火対策

 防火対策は耐震と同様に重要課題 木材や土壁を使った木造の京町家において、耐震と同じように重要な課題であるのが、防火対策です。火災も地震と同様に、いつ起こるかも分かりませんし、そもそも防火と耐震の補強方法は共通点が多いので、耐震性の向上がそのまま防火性の向上につながるの... 続きを読む

耐震・防火

2017-03-14

京町家の耐震性能を向上させるには

 劣化した部材を交換する工事 もしも耐震診断で、耐震改修が必要と判断された場合は、どのような改修方法があるのでしょうか。大きく分けて三つのパターンの工事が有効となります。一つには、劣化した部材を交換する工事です。古い部材を用いていても必ずしも耐震性に悪影響を及ぼすわ... 続きを読む

耐震・防火

2017-03-07

町家の構造上の耐震の特徴

 柔構造の原理による伝統工法の耐震性 京町家は長い歴史の中で、数多くの知恵と工夫で、さまざまな課題を解決してきました。それでも、木造ゆえの防火性能、耐震性能、断熱性能等、現代の建築基準法では既存不適格建築物とされてしまう弱点もありました。それでは、まったく対策がなされて... 続きを読む

耐震・防火

2017-02-28

1件~4件(4件)

RSS
 
このプロの紹介記事
冨家建築設計事務所 代表の冨家裕久さん

伝統工法の利点を生かした町家の再生・改修、新築プランを提案する建築士(1/3)

 日本を代表する織物のひとつ、西陣織の織屋が並んでいた京都市上京区。その一角に「冨家建築設計事務所」を構える一級建築士の冨家裕久さんは、古都ならではの趣ある街並みを守っていきたいと考えています。「先人たちが育んできた風情や建物が持つ文化を後...

冨家裕久プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

町家や古民家の良さを生かした、家づくりを行っています

事務所名 : 一級建築士 冨家建築設計事務所
住所 : 京都府京都市上京区一条通千本西入烏丸町373-12 [地図]
TEL : 075-204-4686

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-204-4686

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

冨家裕久(とみいえひろひさ)

一級建築士 冨家建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
AURでの木部再生技術の実演会
町家の奥庭にある古い板塀

私が参加している「AUR:建築都市保全再生機構」での活動の一つを紹介します。京町家の奥庭などによくある板塀。...

[ セミナー・勉強会 ]

すぎの効能

 すぎの水分や香りに薬効やリラックス効果がある 多様な種類の木材は、あらゆる方法で分類され、用途に合わせ...

[ 自然素材 ]

シラス内装材の効果

 シラス内装材とは 1960年代、建設業界では、施工性や均一性を優先するあまり、科学樹脂を含む建材が多く出回...

[ 自然素材 ]

土壁の性能

 土壁について 日本の伝統住宅と言えば、土壁をよく見ます。ただ一口に土壁と言っても、その種類や配合によ...

[ 自然素材 ]

自然素材とは

 自然を感じる京町家こそ、自然素材を これまで、施工事例や内装における工夫を見てきました。ここからは、内...

[ 自然素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ