コラム

 公開日: 2016-02-22  最終更新日: 2016-06-30

屋根の雨漏り対策 屋根瓦のズレが原因で雨漏りする場合の修理


屋根の雨漏りの原因は屋根瓦のズレから発生する

屋根の雨漏りにはさまざまな原因がありますが、屋根瓦のズレによって雨漏りが発生する場合があります。

この原因は、突風や強風などによって瓦がズレてしまったり、また、長い年月を経て、屋根瓦など瓦がズレやすい状態に劣化している傾向があります。

古い瓦屋根は粘土で固められていたため、年月を経るごとに粘土が劣化します。20年~30年も経つと粘土は砂状になり、風がなくても瓦がずれてきます。
また、寒冷地などでは瓦に含まれている水分が凍り、体積が膨張し割れてしまうケースもありますので注意が必要です。

他にも地震によるズレの可能性もあり、いずれも気象条件の変化によって、屋根瓦のズレが発生していることは覚えておきたいところです。

屋根瓦などは、長い年月が経って老朽化するのはもちろん、激しい風雨にさらされることでそれほど長い期間を経ずとも劣化することがあり得ます。
屋根にあがるのは危険ですので、私どものような専門家による定期的なメンテナンスは大切だと思います。

もし屋根瓦のズレによって雨漏りが発生してしまった場合、雨漏りがどんどん進行してしまいますので、雨漏り対策として迅速に修理を行う必要があります。

屋根の雨漏り対策!屋根瓦のズレの補修施工手順

屋根瓦のズレによって雨漏りが発生してしまった場合には、補修施工を行います。
まず瓦を取り除き、内部をきれいに掃除をして整えます。

その際に、瓦下のルーフィングや野地板に雨漏り原因となる穴などの破損がないかを確認します。
もし破損がある場合や、下地の劣化が激しい場合は、範囲を広げて瓦をめくります。
そこで劣化部分などがあれば、合わせて破損箇所の修理をし、防水機能を補修するようにします。
その後、瓦を葺き直し、位置を調整すれば作業は完了です。

また、状況によっては瓦を葺き直した後にシリコンを塗ることで防水コーキングを行う場合もあります。

屋根瓦のダメージ具合によって修理範囲が変わる

屋根瓦は本来耐久性の強い素材ですが、やはり長い間外部からの影響を受け続けていますので、傷んだりズレたりすることはあります。

屋根瓦を取り除いた後の下地にまで雨水が染みている場合は、破損している瓦及びその周辺の下地補修で対応できることも少なくありません。
しかし、傷みが激しい、あるいは補修範囲が広くなる場合は大掛かりな補修が必要になる場合もあります。

また、瓦の場合、風のアップダウンの影響で瓦がズレている方向が特定できない場合も多く、一般的にわかりにくいのも特徴です。
ですが、瓦の小さなズレが、後々の大きな補修原因になることもあります。
その場合、補修時の予算も大きくなってしまいますので、なるべく早期発見ができるように定期点検や、異常に気づいた際にはすぐに点検を依頼するなど、早めに行動することを心がけましょう。

京都市では重い屋根から軽い屋根にかえる耐震補強に助成金を給付

京都市では耐震リフォーム支援事業を実施しており、木造住宅に限りますが、重い土葺きの瓦屋根を撤去して軽量の屋根に葺き替えるなどの工事を行う耐震補強に助成金が給付されます。

屋根の軽量化→20万円
屋根面の強化→10万円

こういった耐震補助支援制度を利用することで屋根を守ることもできます。
(京都市内にある一戸建ての住宅、長屋、共同住宅が対象、昭和56年5月31日以前に着工されたものであること、などの諸条件あり)。

雨漏りは屋根によって変わる 屋根の種類一覧

この記事を書いたプロ

株式会社 辻建材 [ホームページ]

辻万寿夫

京都府京都市伏見区横大路貴船17-21 [地図]
TEL:075-611-6121

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社辻建材 代表取締役の辻万寿夫さん

雨漏り工事はおまかせ! 安心と喜びを提供する「雨漏り救急隊」(1/3)

酒蔵が多く点在する京都市伏見区。株式会社辻建材は、初代 辻庄次郎が大正10年に東京で創業して、この地に来たのが昭和35年。以来、建物の防水・修繕一筋に、地域に密着した業務を心がけています。「普段の生活ではなかなか雨漏りなどのトラブルは起...

辻万寿夫プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社 辻建材
住所 : 京都府京都市伏見区横大路貴船17-21 [地図]
TEL : 075-611-6121

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-6121

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻万寿夫(つじますお)

株式会社 辻建材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
雨漏りは屋根によって変わる 屋根の種類一覧
イメージ

 建物の雨漏りは屋根の種類によっても変わる 雨漏りの発生原因として頻繁に挙げられるのが、建物の「屋根」...

雨漏り対策のための知っておくべき屋根の構造
イメージ

 雨漏りが発生する場所で多いのは「屋根」 建物の中で雨漏りが発生する場所として多いのが「屋根」です。...

別荘の雨漏り調査の流れ
イメージ

 別荘に雨漏り!そんな時、どうする? たまにしか使用しない別荘は建物の老朽化が早く、雨漏り被害などが発...

海辺の別荘と山辺の別荘の老朽化の違い!
イメージ

 憧れの別荘地、場所によって老朽化に違いが! 海のあるエリアや山、森のエリアには、別荘がたくさん建てら...

人の住んでいない別荘の老朽化は早い!
イメージ

 別荘は老朽化が早い? 少し長い休みを取って、静かな場所でゆったりと・・・そんな贅沢な時間は、別荘なら...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ