コラム

 公開日: 2016-02-24  最終更新日: 2016-06-30

屋根の雨漏り対策 屋根のコーキング剤の剥がれが原因で雨漏りする場合の修理


屋根の雨漏りはコーキング剤の剥がれによって発生する

屋根からの雨漏りにはさまざまな原因がありますが、その中でもコーキング剤の剥がれによって雨漏りが発生するケースがあります。

コーキング剤の剥がれの原因は、主に「経年劣化」によるものです。
外気にさらされた状態のコーキングは徐々に劣化していき、最後には剥がれていってしまいます。

また、経年劣化以外にも、風による原因も考えられます。
強風や台風などが直撃すれば、建物自体が揺れ、その振動が繰り返されることによって徐々にコーキング剤が剥がれていくことになります。

いずれにしても、コーキング剤の剥がれによって中に水が侵入し、結果、屋根からの雨漏り被害につながっていきますので、コーキング剤の剥がれを見つけた場合には早急に修理を行う必要があります。

屋根の経年劣化による雨漏り

屋根の雨漏り対策!コーキング剤の剥がれ補修施行手順

屋根の雨漏り対策として、コーキング剤の剥がれの補修施工手順をご紹介します。
まず、雨水の浸入口がわかった場合、剥がれたコーキングや周囲の汚れ、水分などを取り除く作業から始まります。

次にプライマー(別名:シーラー)と言われるコーキング用の接着剤を剥がれた箇所へ塗ります。

接着剤を塗れば、次は新しいコーキング作業です。

コーキング剤は、コーキングガンなどを使えば、切れ目なく充填することができます。
そのため、コーキングガンを使って、上から下へと順にコーキング作業を行っていきます。

充填ができれば、後は新しくコーキングした箇所が乾燥するのを待つだけです。
乾燥した後は、コーキングに切れ目がないかを確認し、作業は完了です。

コーキングの剥がれの修理を行う際の注意点

また、コーキングの剥がれを修理する際には注意することがあります。

それは「広い範囲でコーキングの充填をしすぎない」ということで、これを行ってしまうと雨水が屋根を伝って流れていく経路が変わってしまい、別の箇所から雨漏りを引き起こしてしまう可能性が出てきてしまいます。

雨漏りの再発を気にするあまり、別の箇所から雨漏りしてしまっては意味がありませんので、適切な場所にのみ、コーキングの充填を実施するようにしましょう。

また、多数の場所から雨漏りが発生してしまっている場合は、コーキングの剥がれだけではない可能性もあります。
その際は、葺き替え工事など、すべて新しいものに取り替える必要が出てくる場合もあります。

大掛かりな工事になる前に、コーキングが傷んでいる箇所があれば、すぐに調査してもらうようにすることが大切です。
屋根などは素人が見てもそのダメージ具合がわかりにくい場合がありますので、定期的にメンテナンスをするなどして、被害が大きくなる前に対策を施しておくことが家を守るためには必要です。

雨漏りは壁からも起きるので、チョーキングには要注意

雨漏りは屋根だけではないなく、壁からも発生します。サイディングの壁などは、サイディングをつなぐコーキングが経年劣化でやせて、そこから雨水が入りこむことがあります。
また、サッシまわりのコーキングが劣化し、雨水が室内に染み込んでくることもあります。

外壁材の様子を簡単に確認する方法として、壁を手で触り、白い粉が手についたらチョーキングといって外壁が劣化しているサインです。
専門家に家をチェックしてもらい、適切な処置を施してもらいましょう。

鉄骨の建物などの外壁材として用いられる、軽量で厚みのあるコンクリート板・ALC板も、目地のコーキングがやせて雨漏りを引き起こします。

高圧洗浄で劣化した塗装剤をきれいに取りのぞき、乾いたら、サッシまわりはコーキングの打ち替えをしたり、目地(ジョイント部分)の増し打ちをしたりして補修をしていきます。

その後、塗装を施していくのですが、防水工事に実績をもっている私ども辻建材では、下地処理にもこだわっております。

三世代にわたりこの仕事に携わってきた辻建材では、防水工事・屋根工事・雨漏り相談など、お客さまからのご相談に迅速に、そして丁寧にご対応させていただきますので、不安がおありの場合は、どんなことでも、一度ご相談ください。

この記事を書いたプロ

株式会社 辻建材 [ホームページ]

辻万寿夫

京都府京都市伏見区横大路貴船17-21 [地図]
TEL:075-611-6121

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社辻建材 代表取締役の辻万寿夫さん

雨漏り工事はおまかせ! 安心と喜びを提供する「雨漏り救急隊」(1/3)

酒蔵が多く点在する京都市伏見区。株式会社辻建材は、初代 辻庄次郎が大正10年に東京で創業して、この地に来たのが昭和35年。以来、建物の防水・修繕一筋に、地域に密着した業務を心がけています。「普段の生活ではなかなか雨漏りなどのトラブルは起...

辻万寿夫プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社 辻建材
住所 : 京都府京都市伏見区横大路貴船17-21 [地図]
TEL : 075-611-6121

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-6121

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻万寿夫(つじますお)

株式会社 辻建材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
雨漏りは屋根によって変わる 屋根の種類一覧
イメージ

 建物の雨漏りは屋根の種類によっても変わる 雨漏りの発生原因として頻繁に挙げられるのが、建物の「屋根」...

雨漏り対策のための知っておくべき屋根の構造
イメージ

 雨漏りが発生する場所で多いのは「屋根」 建物の中で雨漏りが発生する場所として多いのが「屋根」です。...

別荘の雨漏り調査の流れ
イメージ

 別荘に雨漏り!そんな時、どうする? たまにしか使用しない別荘は建物の老朽化が早く、雨漏り被害などが発...

海辺の別荘と山辺の別荘の老朽化の違い!
イメージ

 憧れの別荘地、場所によって老朽化に違いが! 海のあるエリアや山、森のエリアには、別荘がたくさん建てら...

人の住んでいない別荘の老朽化は早い!
イメージ

 別荘は老朽化が早い? 少し長い休みを取って、静かな場所でゆったりと・・・そんな贅沢な時間は、別荘なら...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ