コラム

 公開日: 2016-03-05  最終更新日: 2016-06-24

サッシや換気扇からでも雨漏りはおこる


建物の雨漏り、屋根じゃないところからも発生する?

建物の雨漏りは何も屋根から起こるだけではありません。
これまでのコラムでもご紹介してきましたが、建物の外壁部分も雨漏りをする可能性があります。

年数が経った外壁材にはひび割れが発生したり、塗装やコーキング剤の劣化などにより雨水が建物の内側に入ってしまうのです。

建物の屋根や外壁の他にも、まだまだ雨漏りをする原因というのが存在します。それが「サッシ」や「換気扇」などから発生する雨漏りです。

サッシから雨漏りが発生する場合

建物の窓に設置されているサッシから雨漏りをする、というケースがあります。これは窓とサッシの隙間を埋めているパッキン部分が劣化することによって発生します。

パッキン部分も築10年~20年以降経つと、徐々に劣化してしまいますので、劣化した部分から水が侵入し、建物の内側まで雨漏りを引き起こすことになります。
他にも、劣化以外に、サッシまわりの防水テープ、防水紙などの施工不備、その前の下地段階での不備、などのケースもあります。

これは建物が完成する前の施工時の不備によって雨漏りが発生した、というケースですので、こちらも念のため、注意が必要です。

続いて、サッシ以外にも雨漏りが発生する可能性が高い「換気扇」の場合も見てみましょう。

換気扇から雨漏りが発生する場合

キッチンなどに付いている換気扇、やはりこれも雨漏り箇所としては注意すべきポイントです。

換気扇の場合は、建物の外壁に飛び出た形になっている通気口フードがあるタイプのものに雨漏りが発生するケースが多いようです。
風が強い日や台風の時などには、雨水が換気扇内に吹き込んでくる場合があります。
その際に、換気扇のフードと外壁の境目が劣化していると、その隙間から雨水が侵入してきます。
侵入した雨水が壁の内部を通り、建物の中で雨漏りを引き起こすことになりますので、こちらも注意が必要です。
換気扇のフード部分に劣化がないか、よく確認するようにしましょう。

また、通常、換気扇内に雨水が入ることはありますが、それは初めから想定していることで、問題ありません。
換気扇内では建物の内部との間に防水シートを貼って、中に水が入らないような仕組みになっているからです。

このように、「サッシ」や「換気扇」は、ともに十分に雨漏りが発生する可能性を持っている箇所です。
長年使用されている場合には劣化がないか事前にメンテナンスを行うなどして、定期的にチェックするようにしてください。

この記事を書いたプロ

株式会社 辻建材 [ホームページ]

辻万寿夫

京都府京都市伏見区横大路貴船17-21 [地図]
TEL:075-611-6121

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社辻建材 代表取締役の辻万寿夫さん

雨漏り工事はおまかせ! 安心と喜びを提供する「雨漏り救急隊」(1/3)

酒蔵が多く点在する京都市伏見区。株式会社辻建材は、初代 辻庄次郎が大正10年に東京で創業して、この地に来たのが昭和35年。以来、建物の防水・修繕一筋に、地域に密着した業務を心がけています。「普段の生活ではなかなか雨漏りなどのトラブルは起...

辻万寿夫プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社 辻建材
住所 : 京都府京都市伏見区横大路貴船17-21 [地図]
TEL : 075-611-6121

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-611-6121

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻万寿夫(つじますお)

株式会社 辻建材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
雨漏りは屋根によって変わる 屋根の種類一覧
イメージ

 建物の雨漏りは屋根の種類によっても変わる 雨漏りの発生原因として頻繁に挙げられるのが、建物の「屋根」...

雨漏り対策のための知っておくべき屋根の構造
イメージ

 雨漏りが発生する場所で多いのは「屋根」 建物の中で雨漏りが発生する場所として多いのが「屋根」です。...

別荘の雨漏り調査の流れ
イメージ

 別荘に雨漏り!そんな時、どうする? たまにしか使用しない別荘は建物の老朽化が早く、雨漏り被害などが発...

海辺の別荘と山辺の別荘の老朽化の違い!
イメージ

 憧れの別荘地、場所によって老朽化に違いが! 海のあるエリアや山、森のエリアには、別荘がたくさん建てら...

人の住んでいない別荘の老朽化は早い!
イメージ

 別荘は老朽化が早い? 少し長い休みを取って、静かな場所でゆったりと・・・そんな贅沢な時間は、別荘なら...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ