コラム

 公開日: 2013-01-11  最終更新日: 2013-03-11

会社が元気になる2つの仕組みを

昨年の12月11日、京都府は経済情勢の悪化を受け、「府緊急経済・雇用対策会議」を開催し、
経営支援体制を強化することを確認しました。ここに来て上向きだった景気が悪化してきたので「先手
を打って対策に取り組む」と。
こういう状況になってくるとどうしても、企業としてはコストの削減など苦い対策を講じざるを
得なくなってしまう。それに消費税も上がるかもしれないし・・・
それらを反映してか、個別労使紛争も激増しています。なかでも「解雇」、「残業代の未払い」に
係わる紛争は一向に収まる気配がありません。

でも、こんな日本に誰がした! と、ボヤいていても始まらない!!
こんな時だからこそ、日本の中小企業の特質である「チーム力」を活かすことが必要なのでは。
その為には「社員がやる気になる仕組みづくり」こそが今必要になっているのではないかと考えています。

具体的には、労務面では次の2つの改善が必要だと思っています。
1つ やってもやらなくても評価は同じと言う処遇のありかたを変える
2つ 経営者が法を守るとともに、社員にも甘えを捨て自らを律する規律を確立すること

1つ目は、いわゆる一方的な勤務査定ではなく、「自他共に認める」評価・処遇の仕組みを作ること。そのことによって、チーム力と個人のやる気をしっかりと引き出すこと。
2つ目は、経営者も甘えを捨て、厳しい中でも法やルールを守る。社員も身勝手な態度があるとする
ならばこれを捨て去り、労使一丸となって「危機」を乗り切る体制を作ることを意味します。

「言うは易く、行うは難し」とばかりは言っていられない。私自身も「ヘビー」な決意で、心新たに
頑張らねばと考えています。
皆様、いたらない私たちではありますが、少しでも皆様のお役に立てるよう頑張りたいと思っていますので、どうか本年もよろしくお願い申し上げます。

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人山崎経営労務管理研究所 [ホームページ]

社会保険労務士 山崎忠夫

京都府京都市中京区西ノ京小倉町4番地14 [地図]
TEL:075-821-2488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
教えて!ヤマちゃん博士
イメージ

Q:平成23年度の世帯別平均所得金額が538万円と聞いたのですが、これは中間となる数値でしょうか?A:いいえ、中間となる数値ではありません。  一般に公開されてい...

 
このプロの紹介記事
山崎 忠夫(やまざき ただお)さん

立体的な人事労務がモットー 企業にジャストサイズの経営を(1/3)

 不安定な日本経済。先の見えないこの不況下でも、がんばっている企業はたくさんあります。そんな企業を応援するのは、山崎経営労務管理研究所。1987年に設立され、今年で23年目を迎えます。「京都・大阪・滋賀、岡山のクライアントもいました。でも...

山崎忠夫プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 社会保険労務士法人山崎経営労務管理研究所
住所 : 京都府京都市中京区西ノ京小倉町4番地14 [地図]
TEL : 075-821-2488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-821-2488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山崎忠夫(やまざきただお)

社会保険労務士法人山崎経営労務管理研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
お・も・い・や・り

昨年の流行語大賞の一つに「お・も・て・な・し」が選ばれました。私はもう一つ「お・も・い・や・り」という言葉...

イブニング・ラン ~紙屋川の流れに~

週に1~2回イブニング・ランを楽しんでいます。白梅町の自宅を出てきぬかけの路へ。そこから立命館大学前を経て...

紙屋川の清流の気持ち

とある朝、紙屋川のほとりを歩く。美しい水の流れに心を癒される。しかし、そう感じる間もなくあちこちにペットボ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ