コラム

 公開日: 2018-01-27 

カビには、ご注意を!

久し振りに着物を着ようかとタンスから出したらカビが・・・よくあるんです。ご存じのように日本は高温多湿の
風土にあります。よく聞く対処方として 年に1~2度は虫干しをとか聞きますが手ぬるいと思います。
昔の日本家屋はすきま風も吹き込み適度に湿気を家の外へ飛ばしてくれたり。それが今や密閉度の高い家
ばかりです。桐箪笥に入れても着物自体の湿気で蒸れたり密閉されたマンションでガスストーブを炊いたり。
(ガスストーブは燃焼すると水を発生します)カビにとっては家の中は三つ星ホテルのようなものです。
気がつけば、白い斑点状のものや、茶色い変色等除去するのは大変困難な作業になります。
カビの除去や着物の再生については後日お話しするとして、たちまち予防、対処についてお話しします。
まず、家の換気はできる範囲でよろしいのでこま目にしましょう。特にマンションにお住まいの方は、各部屋やクローぜット
箪笥等に注意をして下さい。家に居ながら箪笥や扉を開けっ放しもどうかと思いますので、お出掛けの時など
がいいかもしれませんね。くれぐれも帰宅時に泥棒が入ったと大騒ぎしないようにしましょう。あと文庫(たとう紙)
もカビが繁殖しやすいので定期的に交換されることを推奨します。1枚高い物で2~300円ていどです。
それから、これもよくあるんですが、仕立て上がった着物のしつけ糸は速やかに取るようにしましょう。
結構この糸からカビガ発生することが多いです。留袖や紋付の紋紙も危険です。
今回はこんなところです。 次回はカビによる症状や修復にあたっての説明解説をすすめる予定です。
   でわでわ、続きは また次回に

この記事を書いたプロ

きものクリニック 悠遊舎 [ホームページ]

伝統工芸 田畑秀幸

京都府京都市下京区高倉通り松原上る葛籠屋町511 [地図]
TEL:075-361-0212

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高級着物の染み抜きから仕立て直しまで手がけるプロ 	田畑秀幸さん

大切な着物にシミや汚れが見つかったら、まずはご相談を(1/3)

 「絹はきちんとメンテナンスすれば長持ちする丈夫な素材」と語るのは、京都で生まれ育った田畑秀幸さん。2004年に独立し、周囲に着物屋さんの多い四条烏丸駅近くで、きものクリニック 悠遊舎を開業しました。 正絹の着物というのは、母から娘へと受...

田畑秀幸プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ほかでは難しいと断られた黄ばみもスピーディにクリーニング!

店名 : きものクリニック 悠遊舎
住所 : 京都府京都市下京区高倉通り松原上る葛籠屋町511 [地図]
TEL : 075-361-0212

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-361-0212

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田畑秀幸(たばたひでゆき)

きものクリニック 悠遊舎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
くせ者なんです。 黄変変色

着物に黄色いしみが発生と言うことが結構みうけられます。当店でも頻繁に修復依頼が舞い込みます。我々同業者...

染みが付いても触らない・・・が、基本

2018年を迎えて皆さんこんにちは、私は きものクリニック悠遊舎の田畑と言います。この年末年始にかけてマイ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ